クネーデル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
調理中のクネーデル

クネーデルドイツ語Knödel, イディッシュ語 kneydl, 英語knaidel)はドイツ料理オーストリア料理ポーランド料理の一種。ドイツ語ではクロース Kloßとも呼ばれ、ポーランドではピズィ pyzy あるいはクルスキ kluski と呼ばれる。クネーデルの読みはドイツ南部・オーストリア方言およびイディッシュ語からくる。

クネーデルはドイツ語で団子を意味する言葉である。茹でたジャガイモや固くなったパンを潰し、これを生地にして丸めたものを指すことが多く、主に肉料理の付け合せに使われる。中に揚げたクルトンを包むことがある。生地の中に果物のピューレを包んだクネーデルもあり、バニラソースや砂糖をかけてスイーツとして供される。肉や魚の身をすりつぶして団子状にし、茹でたり煮込んだりした料理もクネーデルと呼ばれ、その一例がレバークネーデル・ズッペである。

ドイツ語圏外のクネーデル[編集]

チェコでは、ドイツのクネーデルに類似のクネドリーク (knedlík) という食べ物が有名である。スライスして肉類の付けあわせとして供されることがある。フランスローヌ―アルプ地方では魚肉風味のクネル(quenelle)という食べ物が有名である。イタリア北部の国境地帯(オーストリアの文化の影響がある)ではカネデルリ(Canederli)と言う名前になっており、パンを使ったニョッキという位置づけになっている。

ポーランドではピズィ( pyzy) あるいはクルスキ (kluski) が、一般に広く食べられている。ジャガイモをすり潰したものをベースに片栗粉を加え、時にはニョッキのようにフレッシュチーズなどを加えて練り、小さくまとめて、茹でたり蒸したりして作る。もっちりとした食感がある。これを肉料理や魚料理の付けあわせにしたり、すいとんのようにスープの具にしたりする。また、大きめに作り、中に挽肉香味野菜を練ったを入れて茹で、フライドベーコン、ビーフクリームソース、グレービーソース、きのこのソースなどをかけ、メインディッシュとして食べることもある。さらに、大きめに作り、中にプラムリンゴなどの果物を入れて、茹でたり蒸したりし、溶かしバター・砂糖・シナモンをかけて食べることもある。クルスキは特に、中に具の入っていないものを指す。

外部リンク[編集]

クネドリーク/ピズィ