いももち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

いももち(芋餅)は、北海道和歌山県高知県及び岐阜県郷土料理。ただし、同じ名前でも使用する芋の種類や製法が異なる。

北海道の「いももち」[編集]

北海道のいももち

北海道では、「いももち(いも餅)」。別名「いもだんご(いも団子)」とも呼ばれる。明確な区切りは無いが、焼いたもの(味付けしたもの)を「もち」。汁に入ったもの(味付けしていないもの)を「だんご」とも呼ばれる。

製法[編集]

皮をむいて火を通した(茹で・蒸す)ジャガイモを潰し、これにジャガイモ澱粉、又は片栗粉を加えてよく練り上げ、小さな丸餅や団子状に整形し、と同様に焦げ目が付くまで焼きあげる。甘辛く味付けした醤油バター砂糖などを付けて食する。

歴史[編集]

当時、稲作(もち米)生産技術が未発達であり、豊富に生産されたジャガイモ・カボチャを「餅」の代用品として作られたことが始まりである。

現在、「冷凍いももち」の生産により、北海道の手軽なファストフードとして、土産物屋の店先や高速道路サービスエリアの売店でも見かけることができる。いももちの粉も市販されており、カボチャ味などのバリエーションもある。また、子供にも人気のおやつでもある。また、居酒屋のメニューになることもある。

バリエーション[編集]

  • 中身に溶けるチーズが入っている「チーズいももち」もある。
  • ジャガイモの代わりにカボチャを用いた「カボチャだんご(もち)」がある。
  • 道東地方では、汁粉に入れる餅の代わりに

カボチャだんごが入った。「かぼちゃ汁粉」がある。

和歌山県・高知県の「いももち」[編集]

通常の餅米で作る餅に蒸したサツマイモを混ぜてつきあげる。中にが入り、きな粉をまぶしたものがポピュラーである。通常の餅より柔らかく、時間が経つと自らの重さで変形してゆくほどである。食感もなめらかである。

和歌山県日高郡地方を中心に食べられており、特にみなべ町南部梅林では片山農園 の「かたやまのいももち」が「いももち本舗」として知名度を高め、観梅期に名物として観光客の人気となっている。

高知県でも全く同じ製法でいももちが作られている。高知市の日曜市などで人気の商品である。

岐阜県の「いももち」[編集]

通常米を炊く要領で、皮をむいた里芋と米(餅米ではない)を一緒に炊き上げる。炊き上がったものを棒などでつぶして混ぜ合わせ、それを丸餅形に整形する。すりおろした生姜と醤油を混ぜて作ったタレで餅を味付けして焼き上げる。焼く際に立ち込める生姜醤油の香ばしい香りが特徴である。県内でも特に中濃地方に見られる料理で、家庭用の電気炊飯器でも作ることができる。地域の祭でも特産品として販売されることもある。

関連項目[編集]

  • ねりくり(茹でたサツマイモと餅をつき混ぜて作る鹿児島県や宮崎県の郷土料理で、和歌山県・高知県の「いももち」に似る)
  • ニョッキ(ジャガイモを原料とする、北海道のいももちと製法・食感が類似するイタリアのパスタ