キングマンボ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キングマンボ
英字表記 Kingmambo
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1990年2月19日
死没 存命
Mr.Prospector
Miesque
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 Flaxman Holdings Limited
馬主 Stavros Spyros Niarchos
調教師 Francois Boutin(フランス)
競走成績
生涯成績 13戦5勝
獲得賞金 2,720,000フラン
+ 307,366ポンド
テンプレートを表示

キングマンボKingmambo1990年2月19日 - )はフランス競走馬。2010年まではアメリカ種牡馬として供用されていた。父は20世紀末を代表する大種牡馬として知られるミスタープロスペクター、母はブリーダーズカップ・マイル2連覇を含むGI10勝を挙げたミエスクという超良血馬である[1]

産駒は世界中で活躍しており、この父系をキングマンボ系と呼ぶ。日本調教馬ではエルコンドルパサーキングカメハメハなどのGI優勝馬がいる。

競走成績[編集]

1992年7月3日、フランスのメゾンラフィット競馬場で開催されたシェーヌ賞でデビューし2着入線。3週間後、同競馬場で開催されたサルディコーリ賞で初勝利を挙げた。しかしその後は好走するも勝ちきれないレースが続き、2勝目を挙げられないまま同シーズンを終え休養に入る。

1993年、約半年間の休養明け初戦となるジェベル賞で同期のザフォニックを頭差退け優勝。その後は仏2000ギニーセントジェームズパレスステークスを快勝しGI2連勝を収め、古馬マイルGI路線へと駒を進める。約2ヶ月の休養を挟みジャック・ル・マロワ賞に出走したが、同期のサイエダティスキーパラダイスの牝馬2頭の後塵を拝し3着に惜退。その3週間後、ムーラン・ド・ロンシャン賞ではスキーパラダイスを抑え優勝し前走の雪辱を果たしている。なおこのムーラン・ド・ロンシャン賞は母ミエスクも現役時代に優勝しており、同レース史上唯一の母仔制覇記録である。その後アスコット競馬場で開催されたクイーンエリザベス2世ステークスに出走、3着に敗れこのレースを最後に引退が発表された。

種牡馬時代[編集]

引退後はアメリカに渡り、ケンタッキー州レキシントンにあるレーンズエンドファームで種牡馬として供用された。良血と競走成績から父ミスタープロスペクターの後継種牡馬の一頭として期待される中、初年度産駒からジャパンカップサンクルー大賞優勝などクラシックディスタンスで活躍したエルコンドルパサーを輩出して高い評価を受け、幸先の良いスタートを切った。その後も順調にレモンドロップキッドアルカセットディヴァインプロポーションズなどのGI優勝馬を送り出し、現在も産駒は世界中の様々なレースで活躍している。

なお産駒の活躍を受けて種付け料は年々上昇し、2009年度は25万ドルに設定されていた[2]。2010年度はシンジケート内のプライベート種牡馬となり、金額は公表されていない[3]

しかし首の持病が悪化して思うように種付けができなくなり、2009年は誕生した産駒が1頭のみ、2010年は1頭と交配されたが受胎しなかった。このため当年限りで種牡馬を引退することになった。

産駒の傾向[編集]

本質的には芝向きのスピードタイプだが、ベルモントステークスなどを勝ったレモンドロップキッドがいるようにダートへの適性も高い。産駒の多くはマイルから中距離を得意とし、スプリンターやステイヤーなど極端な距離適性を示すタイプは比較的少ない部類に入る。エルコンドルパサーやディヴァインプロポーションズなど、幅広い距離に適応する柔軟性を持つ産駒が目立つことも大きな特徴といえる。体質は概ね頑健で、輸送や連戦にも良く耐える。また、自身が現役時代重馬場で強さを発揮したように、産駒の多くも馬場の状態に大きく左右されない安定した活躍が見込める。

代表産駒[編集]

ここではGI級競走勝ち馬のみを列挙する。

他多数

ブルードメアサイアーとしての代表産駒[編集]

血統表[編集]

キングマンボ血統ミスタープロスペクター系 / Native Dancer 3×5=15.62% Nearco 5×5=6.25%)

Mr.Prospector
1970 鹿毛
Raise a Native
1961 栗毛
Native Dancer Polynesian
Geisha
Raise You Case Ace
Lady Glory
Gold Digger
1962 鹿毛
Nashua Nasrullah
Segula
Sequence Count Fleet
Miss Dogwood

Miesque
1984 鹿毛
Nureyev
1977 鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Special Forli
Thong
Psadoble
1979 鹿毛
Prove Out Graustark
Equal Venture
Santa Quilla Sanctus
Neriad F-No.20

1歳下の半妹East of the Moon(父Private Account)はフランス1000ギニーフランスオークス、ジャック・ル・マロワ賞とGI3勝を挙げている。全弟にMiesque's Sonミシックトライブ(日本で種牡馬として供用)がいる。そのほかの近親には香港マイルなどを勝ち安田記念にも出走したグッドババ阪神3歳牝馬ステークス2着のキュンティアなどがおり、血統を評価され日本へ輸出された馬も多い。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]