カラスザメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カラスザメ
Smooth lanternshark nmfs.jpg
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
: 軟骨魚綱 Chondrichthyes
亜綱 : 板鰓亜綱 Elasmobranchii
: ツノザメ目 Squaliformes
: カラスザメ科 Etmopteridae
: カラスザメ属 Etmopterus
: カラスザメ E. pusillus
学名
Etmopterus pusillus
(R. T. Lowe, 1839)
シノニム

Acanthidium pusillum Lowe, 1839
Centrina nigra Lowe, 1834
Etmopterus frontimaculatus Pietschmann, 1907

英名
Smooth lanternshark
slender lanternshark
Etmopterus pusillus distmap.png
分布

カラスザメ(Etmopterus pusillus)はツノザメ目カラスザメ科に属するサメの一種。太平洋大西洋に広く分布する。深度0-1000mで日周鉛直移動を行う。リュウキュウカラスザメ(E. bigelowi)と種群を構成する。体は細長く暗褐色、体側に黒い模様がある。50cmに達する。卵胎生で成長は遅い。餌は小さなイカ魚卵IUCN保全状況を「軽度懸念」としている。

分類[編集]

Early illustration of a smooth lanternshark, from A history of the fishes of Madeira (1843).

1839年、イギリスの生物学者Richard Thomas Lowe学術誌Transactions of the Zoological Society of Londonにおいて、Acanthidium pusillumの名で記載した。その後カラスザメ属(Etmopterus)に移された[2]種小名pusillusラテン語で"弱い"を意味する[3]リュウキュウカラスザメ(E. bigelowi)と種群を形成する。この種群の特徴は、乱雑に並んだ切り株状の皮歯である[4]

分布[編集]

大西洋では、西はメキシコ湾からアルゼンチン、東はポルトガルからカーボベルデアゾレス諸島南アフリカ大西洋中央海嶺[5]インド洋では、クワズール・ナタール州沖・マダガスカル太平洋では東シナ海から南日本天皇海山群オーストラリア沖・ニュージーランドナスカプレート上(Amber Seamountからサラ・イ・ゴメス島沖)から報告されている[4][6]

大陸棚大陸斜面の海底付近、深度274-1000mに生息する。1998mまで潜る可能性もある[7]ポルトガル南方沖からのデータによると、岩礁底を好み日周鉛直移動を行うようである[8]。南大西洋では 外洋の0-708mにも生息[7]熱水噴出孔でも確認されている[5]

形態[編集]

頭部

骨格は華奢で、大きな頭部、大きな楕円形の眼、鼻孔には短い前鼻弁がある。上顎歯列は22-31、下顎は30-53。上顎歯の尖頭は細く滑らかで、1-2対の小尖頭が隣接する。38cmを超えた雄では小尖頭が増える。下顎歯は滑らかでナイフ状の尖頭を持ち、全ての歯が連動して一枚の刃を構成している。大きな5対の鰓裂がある[2][4]

胸鰭は丸く、その後端上方に第一背鰭があり、背鰭前部には頑丈な棘がある。第二背鰭は第一より大きく、棘も長い。腹鰭は低く角張り、臀鰭はない。尾鰭は短くて幅広く、下葉は発達して上葉には欠刻がある。皮歯は小さく塊状で、間隔が広く乱雑に並んでいるために滑らかな印象を与える。体色は一様な暗褐色で、腹鰭上部からその前後にかけて体側に黒い模様が伸びる。リュウキュウカラスザメに似るが、本種は50cmを超えず、螺旋弁の数が少ない(本種は10-13、リュウキュウカラスザメは16-19)ことで区別できる[2][4]

生態[編集]

歯は性的二型を示す

餌はイカ・小型のツノザメハダカイワシ魚卵[2]卵胎生卵黄栄養で育つ。産仔数10[9]。雄は31-39cm、雌は38-47cmで性成熟する[2]。性成熟時のサイズは地域により変化し、西大西洋ではクワズール・ナタール州沖より大きい[10]。成長は遅く、体は成長と共に細長くなっていく。ポルトガル南方沖からのデータでは、最低でも雄は13年、雌は17年生きる[4][9]

人との関連[編集]

東部大西洋、日本沖合などで、大量の稚魚が延縄で、少数が底引き網定置網混獲されている。ポルトガル南方沖では、深海漁業で多く混獲される3種のサメのうちの1種である[2][8]。ほとんどは廃棄されるが、少数が干物・塩漬け・魚粉などとして利用されていると見られる[6]。繁殖力は低く成長も遅いため、持続的な漁業圧には耐えられないと考えられる[8]。だがこのような事態を示す証拠はなく、分布域も広いことからIUCN軽度懸念としている[1]

出典[編集]

  1. ^ a b Camhi, M.D., S.V. Valenti, S.V. Fordham, S.L. Fowler and C. Gibson (2009). The Conservation Status of Pelagic Sharks and Rays: Report of the IUCN Shark Specialist Group Pelagic Shark Red List Workshop. Newbury: IUCN Species Survival Commission Shark Specialist Group. p. 41. ISBN 9780956106315. 
  2. ^ a b c d e f Compagno, L.J.V. (1984). Sharks of the World: An Annotated and Illustrated Catalogue of Shark Species Known to Date. Rome: Food and Agricultural Organization. p. 82. ISBN 9251013845. 
  3. ^ Jordan, D.S. and B.W. Evermann (1896). The Fishes of North and Middle America: A Descriptive Catalogue of the Species of Fish-like Vertebrates Found in the Waters of North America, North of the Isthmus of Panama, Part 1. Government Printing Office. p. 55. 
  4. ^ a b c d e Shirai, S. and H. Tachikawa (May 3, 1993). “Taxonomic Resolution of the Etmopterus pusillus Species Group (Elasmobranchii, Etmopteridae), with Description of E. bigelowi, n. sp.”. Copeia 1993 (2): 483–495. doi:10.2307/1447149. JSTOR 1447149. 
  5. ^ a b Desbruyères, D. and M. Segonzac (1997). Handbook of Deep-sea Hydrothermal Vent Fauna. Editions Quae. p. 223. ISBN 2905434783. 
  6. ^ a b Froese, Rainer, and Daniel Pauly, eds. (2009). "Etmopterus pusillus" in FishBase. September 2009 version.
  7. ^ a b Compagno, L.J.V., M. Dando and S. Fowler (2005). Sharks of the World. Princeton University Press. p. 105. ISBN 9780691120720. 
  8. ^ a b c Coelho, R. and K. Erzini (July 2008). “Effects of fishing methods on deep water shark species caught as by-catch off southern Portugal”. Hydrobiologia 606 (1): 187–193. doi:10.1007/s10750-008-9335-y. 
  9. ^ a b Coelho, R. and K. Erzini (August 2007). “Population parameters of the smooth lantern shark, Etmopterus pusillus, in southern Portugal (NE Atlantic)”. Fisheries Research 86 (1): 42–57. doi:10.1016/j.fishres.2007.04.006. 
  10. ^ Smith, J.L.B., M.M. Smith and P.C. Heemstra (2003). Smiths' Sea Fishes. Struik. p. 56. ISBN 1868728900.