カラスザメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カラスザメ
Smooth lanternshark nmfs.jpg
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
: 軟骨魚綱 Chondrichthyes
: ツノザメ目 Squaliformes
: カラスザメ科 Etmopteridae
: カラスザメ属 Etmopterus
: カラスザメ E. pusillus
学名
Etmopterus pusillus
(R. T. Lowe, 1839)
シノニム
  • Acanthidium pusillum Lowe, 1839
  • Centrina nigra Lowe, 1834
  • Etmopterus frontimaculatus Pietschmann, 1907
英名
Smooth lanternshark
slender lanternshark
Etmopterus pusillus distmap.png
分布

カラスザメ Etmopterus pusillusカラスザメ科に属するサメの一種。太平洋大西洋に広く分布する。深度0-1000mで日周鉛直移動を行う。リュウキュウカラスザメ種群を構成する。体は細長く暗褐色、体側に黒い模様がある。50cmに達する。卵胎生で成長は遅い。餌は小さなイカ魚卵IUCN保全状況軽度懸念としている。

分類[編集]

A history of the fishes of Madeira (1843) によるイラスト

1839年、イギリスの生物学者Richard Thomas Lowe学術誌Transactions of the Zoological Society of Londonにおいて、Acanthidium pusillumの名で記載した。その後本種はカラスザメ属 Etmopterus に移された[2]種小名 pusillusラテン語で"弱い"を意味する[3]リュウキュウカラスザメと共に、乱雑に並んだ切り株状の皮歯を特徴とする種群を構成する[4]

分布[編集]

大西洋では、西はメキシコ湾からアルゼンチン、東はポルトガルからカーボベルデアゾレス諸島南アフリカ大西洋中央海嶺[5]インド洋では、クワズール・ナタール州沖・マダガスカル太平洋では東シナ海から南日本天皇海山群オーストラリア沖・ニュージーランドナスカプレート上(Amber Seamountからサラ・イ・ゴメス島沖)から報告されている[4][6]

大陸棚大陸斜面の海底付近、深度274-1000mに生息する。1998mまで潜る可能性もある[7]ポルトガル南方沖からのデータによると、岩礁底を好み日周鉛直移動を行うようである[8]。南大西洋では 外洋の0-708mにも生息[7]熱水噴出孔でも確認されている[5]

形態[編集]

頭部

骨格は華奢で、大きな頭部、大きな楕円形の眼、鼻孔には短い前鼻弁がある。上顎歯列は22-31、下顎は30-53。上顎歯の尖頭は細く滑らかで、1-2対の小尖頭が隣接する。38cmを超えた雄では小尖頭が増える。下顎歯は滑らかでナイフ状の尖頭を持ち、全ての歯が基部で結合して一枚の刃を構成している。大きな5対の鰓裂がある[2][4]

胸鰭は丸く、その後端上方に第一背鰭があり、背鰭前部には頑丈な棘がある。第二背鰭は第一より大きく、棘も長い。腹鰭は低く角張り、臀鰭はない。尾鰭は短くて幅広く、下葉は発達して上葉には欠刻がある。皮歯は小さく塊状で、間隔が広く乱雑に並んでいるために滑らかな印象を与える。体色は一様な暗褐色で、腹鰭上部からその前後にかけて体側に黒い模様が伸びる。リュウキュウカラスザメに似るが、本種は50cmを超えず、螺旋弁の数が少ない(本種は10-13、リュウキュウカラスザメは16-19)ことで区別できる[2][4]

生態[編集]

歯は性的二型を示す

餌はイカ・小型のツノザメハダカイワシ魚卵[2]卵胎生卵黄栄養で育つ。産仔数は10[9]。雄は31-39cm、雌は38-47cmで性成熟する[2]。性成熟時のサイズは地域により変化し、西大西洋ではクワズール・ナタール州沖より大きい[10]。成長は遅く、体は成長と共に細長くなっていく。ポルトガル南方沖からのデータでは、最低でも雄は13年、雌は17年生きる[4][9]

人との関連[編集]

東部大西洋、日本沖合などで、大量の稚魚が延縄で、少数が底引き網定置網混獲されている。ポルトガル南方沖では、深海漁業で多く混獲される3種のサメのうちの1種である[2][8]。ほとんどは廃棄されるが、少数が干物・塩漬け・魚粉などとして利用されていると見られる[6]。繁殖力は低く成長も遅いため、持続的な漁業圧には耐えられないと考えられる[8]。だがこのような事態を示す証拠はなく、分布域も広いことからIUCN保全状況軽度懸念としている[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b Camhi, M.D., S.V. Valenti, S.V. Fordham, S.L. Fowler and C. Gibson (2009). The Conservation Status of Pelagic Sharks and Rays: Report of the IUCN Shark Specialist Group Pelagic Shark Red List Workshop. Newbury: IUCN Species Survival Commission Shark Specialist Group. p. 41. ISBN 9780956106315. 
  2. ^ a b c d e f Compagno, L.J.V. (1984). Sharks of the World: An Annotated and Illustrated Catalogue of Shark Species Known to Date. Rome: Food and Agricultural Organization. p. 82. ISBN 9251013845. 
  3. ^ Jordan, D.S. and B.W. Evermann (1896). The Fishes of North and Middle America: A Descriptive Catalogue of the Species of Fish-like Vertebrates Found in the Waters of North America, North of the Isthmus of Panama, Part 1. Government Printing Office. p. 55. 
  4. ^ a b c d e Shirai, S. and H. Tachikawa (May 3, 1993). “Taxonomic Resolution of the Etmopterus pusillus Species Group (Elasmobranchii, Etmopteridae), with Description of E. bigelowi, n. sp.”. Copeia 1993 (2): 483–495. doi:10.2307/1447149. JSTOR 1447149. 
  5. ^ a b Desbruyères, D. and M. Segonzac (1997). Handbook of Deep-sea Hydrothermal Vent Fauna. Editions Quae. p. 223. ISBN 2905434783. 
  6. ^ a b Froese, Rainer, and Daniel Pauly, eds. (2009). "Etmopterus pusillus" in FishBase. September 2009 version.
  7. ^ a b Compagno, L.J.V., M. Dando and S. Fowler (2005). Sharks of the World. Princeton University Press. p. 105. ISBN 9780691120720. 
  8. ^ a b c Coelho, R. and K. Erzini (July 2008). “Effects of fishing methods on deep water shark species caught as by-catch off southern Portugal”. Hydrobiologia 606 (1): 187–193. doi:10.1007/s10750-008-9335-y. 
  9. ^ a b Coelho, R. and K. Erzini (August 2007). “Population parameters of the smooth lantern shark, Etmopterus pusillus, in southern Portugal (NE Atlantic)”. Fisheries Research 86 (1): 42–57. doi:10.1016/j.fishres.2007.04.006. 
  10. ^ Smith, J.L.B., M.M. Smith and P.C. Heemstra (2003). Smiths' Sea Fishes. Struik. p. 56. ISBN 1868728900.