天皇海山群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

天皇海山群(てんのうかいざんぐん、: Emperor Seamount Chain)とは、北太平洋の西側にある海山群(海底山脈)。中央海嶺と区別して非地震性海嶺(aseismic ridge)の一種としても位置づけられる。天皇海山列という別名でも知られる。

名称[編集]

太平洋プレートの運動と天皇海山列誕生の模式図。ホットスポット上で誕生した海底火山ないし火山島プレートの移動で「運ばれ」海山列が形成される。現在活動中の火山がハワイに相当する。

1954年アメリカ合衆国海洋学者ロバート・シンクレア・ディーツにより、海山の一つ一つに日本天皇(主に古代)の名前が付けられ、その後、海山群を総称して天皇海山群と呼ぶようになった。なお、天皇の即位順と海山の並び順は無関係である。また、すべての海山に歴代天皇の名前がついているわけではない。

概要[編集]

ハワイ海山列(ハワイ諸島)

北端はカムチャツカ半島の根元に至り、南端はハワイ海山群(主要なものは水面上に出てハワイ諸島を形成する)に繋がっている。ホットスポット上に生まれた海底火山により、現在のハワイの位置に生まれた島々は、太平洋プレートの移動に伴い海底へ沈んで海山群となっている。かつてはプレートが北に向かって移動していたため、南北に海山群を形成していったが、やがて4000万年ほど前から、移動する向きが西に変わったので、東西に海山群が生まれていくことになった。この4000万年以前に生まれ北北西‐南南東に連なる海山群を天皇海山群、4000万年前以降に生まれ西北西‐東南東に続く海山群をハワイ海山群と呼び、この二つを合わせてハワイ‐天皇海山列と呼ばれている。

主な海山名[編集]

海山名と形成時期

出典[編集]

関連項目[編集]