リュウキュウカラスザメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リュウキュウカラスザメ
Etmopterus bigelowi.jpg
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
: 軟骨魚綱 Chondrichthyes
亜綱 : 板鰓亜綱 Elasmobranchii
: ツノザメ目 Squaliformes
: カラスザメ科 Etmopteridae
: カラスザメ属 Etmopterus
: リュウキュウカラスザメ E. bigelowi
学名
Etmopterus bigelowi
Shirai & Tachikawa, 1993
英名
Blurred lanternshark
blurred smooth lanternshark[2]
Etmopterus bigelowi distmap.png
分布

リュウキュウカラスザメ(Etmopterus bigelowi)はツノザメ目カラスザメ科に属するサメの一種。全世界の深度110-1000mの海底中深層に生息する。カラスザメ種群を形成し、細長い体、大きな頭部、乱雑に並んだ皮歯という共通点がある。67cmに達し、発光器を持つ。卵胎生で餌は小さなイカ魚卵IUCN軽度懸念としている。

分類[編集]

1993年、日本の魚類学者白井滋と立川浩之により、科学誌Copeiaに、カラスザメ種群分類学的再検討の一環として記載された。 彼らは、カラスザメ(E. pusillus)にはこれまで認識されていなかった第二の種、E. bigelowiが含まれることを明らかにした。種小名はHenry B. Bigelow(William C. Schroeder・Stewart Springerと共にカラスザメの記載に関わった)への献名である[3]。この種群の特徴は、乱雑に並んだ切り株状の皮歯である[3]

分布[編集]

全世界の大陸棚大陸斜面・海嶺・海山で見られる[1]大西洋ではメキシコ湾アルゼンチン西アフリカ南アフリカ沖から、インド太平洋ではオーストラリア沖縄天皇海山群ナスカプレート上から報告されている[3]。外洋にも出現し、中層では110-700m、海底では163-1000mの深度に生息する[4]。他のカラスザメ類と同じように、成体は幼体より深い場所に生息する[3]

形態[編集]

最低でも67cmになり、細い体、大きな頭、短い尾を持つ。吻はくさび型で少し平たく、先細りになる。鼻孔は大きく、短い前鼻弁がある。眼は楕円形で眼窩の前方は深く凹む。口の周りに長い溝があり、口角から第一鰓裂までの距離の半分程度まで伸びる。上顎歯列は19-24、下顎は25-39。上顎歯の尖頭は細く、2-4対の小尖頭が隣接する。45cmを超えた雄では小尖頭が増える。下顎歯は滑らかでナイフ状の尖頭を持ち、全ての歯が連動して一枚の刃を構成している。雄で43cm、雌で35cmを越えると歯が直立してくる[3][4]

第一背鰭は腹鰭より胸鰭に近く、前部に溝のある棘を持つ。第二背鰭はその1.5倍の大きさで、長くカーブした棘を持つ。胸鰭の先端は丸く、腹鰭は角張る。第一背鰭-胸鰭間と第二背鰭-腹鰭間はほぼ同じ長さである。臀鰭はない。尾柄は細く、尾鰭の下葉は発達して上葉には欠刻がある。平たく切り株状の皮歯は、乱雑で密に並んでいる。背面は茶-灰色、松果体上に淡い点があり、黒い模様が頭部上側面から、胸鰭の下、腹鰭の上を通って尾柄の下まで続いている[3][4]。他のカラスザメ類のように種に特有の発光器を持つが、明瞭な帯を形成してはいない[5]カラスザメに似るが、より大型であり、螺旋弁の数が多い(本種は16-19、カラスザメは10-13)ことで区別できる[3]

生態[編集]

餌はイカ・小型のツノザメハダカイワシ魚卵[4]卵胎生卵黄栄養で育つ。出生時は全長16cm[1]。雄は全長31-39cm、雌は38-47cmで性成熟する[4]

人との関連[編集]

無害で経済価値もないが、深海漁で混獲されて廃棄されている。漁獲圧が高い証拠はなく、分布域も広いことからIUCN軽度懸念としている[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d Horodysky, A.Z. and G.H. Burgess (2006年). Etmopterus bigelowi. 2008 IUCN Red List of Threatened Species. IUCN 2008. 2009年9月19日閲覧。
  2. ^ Froese, Rainer, and Daniel Pauly, eds. (2009). "Etmopterus bigelowi" in FishBase. September 2009 version.
  3. ^ a b c d e f g Shirai, S. and H. Tachikawa (May 3, 1993). “Taxonomic Resolution of the Etmopterus pusillus Species Group (Elasmobranchii, Etmopteridae), with Description of E. bigelowi, n. sp.”. Copeia 1993 (2): 483–495. doi:10.2307/1447149. JSTOR 1447149. 
  4. ^ a b c d e McEachran, J.D. and J.D. Fechhelm (1998). Fishes of the Gulf of Mexico: Myxiniformes to Gasterosteiformes. University of Texas Press. p. 114. ISBN 0292752067. 
  5. ^ Compagno, L.J.V., M. Dando and S. Fowler (2005). Sharks of the World. Princeton University Press. p. 95. ISBN 9780691120720.