カピバラさん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カピバラさんは、バンプレスト製作の、カピバラモチーフにしたキャラクター。同社に在籍する女性12人で構成されたチーム「トライワークス」によって開発された。

歴史[編集]

2002年の秋頃から、トライワークスの前身「トライチーム」でさまざまなキャラクターを作り、社内の物販や景品など各事業部に売り込んでいた[1]。カピバラさんは、その頃のプレゼンテーション用紙の端に書かれた落書きから生まれたとされている[1]。カピバラさんが本物のカピバラと似ていないのは、その際にうろ覚えで書かれたためである。[1]

2003年10月、クレーンゲームの景品のキャラクターの一つとして登場。その後、人気の高さから、クレーンゲーム以外でのキャラクター商品の展開を行うことになった[2]2007年4月から2008年3月の間に発売された関連商品は101シリーズ175アイテムにのぼる[3]

2005年7月書籍化が決定。それと平行して同年8月ぬいぐるみを発売開始。最初に発売された「もふっとカピバラさんぬいぐるみ」は、2008年8月現在で10万個以上を売り上げる[3]

2006年7月、公式サイト開設。世界観が作られ始める。 2008年7月、携帯公式サイト「カピバラさんキュルっと広場」開設。

2009年2月、タワーカフェとのコラボ企画として2月2日-2月15日の期間限定で「カピバラさんキュルっとカフェ」を開催[4]。開催期間中は携帯サイトでの公募によるものを含む5品のカピバラさんスペシャルメニューが用意された。

2009年現在、累計市場(全商品の総売上)は約85億円[5]、自社制作グッズは850種[5]

2010年、誕生5周年を迎える[6]。これを記念してさまざまな限定商品の発売やキャンペーンが行われている[7]

2010年9月、オフィシャルショップ「カピバラさんキュルっとショップ大阪梅田店」がキディランド梅田店内に開店[8]

2011年4月、CD「カピバラさんのうた」を日本クラウンより発売(カピバラさんとマユミーヌ名義)。

2011年12月、カピバラさんとマユミーヌ名義のCD第2弾「むぎゅっとぬっくし」を発売。

キャラクター[編集]

クレーンゲームの景品として登場した際には、キャラクターの設定などは一切存在しなかったが、商品展開を広げるに伴い世界観を設けるため、種々の設定が追加された[2]

本作のカピバラに共通する特徴
「ミドリノ草原」という草原に住む野生のカピバラである[9]。普段は「キュルキュル」、怒ると「グッ」と鳴く。温泉が好き。普段はのんびりしているが、いざとなると時速50kmで走ることができる。
カピバラさん
カピバラの中の人気者。弟達によく上に乗られるが気付かず昼寝してることが多い。
仔カピ
カピバラさんの弟達。カピバラさんの真似をしたがる。
仔カピ兄
仔カピたちの中で1番先に生まれ、体格も良くお兄さん的存在。小さい仔カピ達の面倒見がよい頑張り屋さん。
リーゼントくん
自称「不良(ワル)」。他のカピバラと同じがイヤでラベンダーで毛を紫に染める。口で「ブンブン(バイクのふかし音)」と言いながら歩いている。
ホワイトさん
珍しい白い雌のカピバラ。元から白いが、より美白に磨きをかけるため、苦い草を食べるなどの努力をしている。なお、ホワイトさんの両親の色は他のカピバラと同じ色である[10]
あついさん
熱血的な性格で小さなことでも感動する。
ベージュさん
都会から来たハンサムなカピバラ。とても紳士。毛並みが良い。
カピ爺
年配のカピバラでちょっぴり物知りだが、その知識はあまり当てにならない。仔カピ達の人気者。
リャマさん
悪気はないが自分の思ったことをいってしまうリャマ。ラマとも呼ばれるらしい。
なまけものくん
行動が遅いが、自分では怠けているつもりは無い。ではない。リャマさんの口車に乗せられたことがきっかけで葉っぱをお金だと思い込み集めている。
ノミくん
情報通でいろいろなことを知っている。ノミなので近寄られると痒い。
プレーリーさん
双子のプレーリードッグ
飼育係のお兄さん
カピバラさんなどをお世話する青い服を着たお兄さん。カピバラさんの言いなり。普段は都会の動物園で働いており、休日にミドリノ草原へ遊びに来て世話をしている[10]
いわいさん
「カピバラさん」誕生5周年を祝うため、ミドリノ草原に降り立ったカピバラの神様。頭に烏帽子を被り口に打出の小槌をくわえている。
仔いわいさん
いわいさんのお供。いつもいわいさんに振り回されているが、そんないわいさんが大好き。
ひだまりさん
「カピバラさん」誕生7周年を記念して登場した、すずらん谷からやってきたカピバラ。背中にはお花を背負っており感謝の気持ちを大切にしている。

関連商品[編集]

書籍[編集]

以下の書籍はゴマブックスより発売。

以下の書籍は主婦と生活社より発売。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • トライワークス著「マンガ カピバラさん」 ゴマブックス、2007年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c “「カピバラさん」ヒットに見る“女だけチーム”の底力 (1/2)”. ITmedia News (ITmedia). (2008年3月7日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0803/07/news044.html 2009年6月7日閲覧。 
  2. ^ a b 『キャラクターフリーマガジン マルシー6号』キャラクター・データバンク、2006年、22頁。
  3. ^ a b 「BONte〜character & illustration & more〜」014号42-43頁、ゴマブックス、2008年7月25日発行
  4. ^ 「カピバラさんキュルっとカフェ」オープンのお知らせ
  5. ^ a b 月刊ビジネスアスキー』2009年12月号、22頁。
  6. ^ [1]
  7. ^ [2]
  8. ^ 梅田に全国初「カピバラさんキュルッとショップ」-キデイランドがプロデュース - 梅田経済新聞
  9. ^ 「マンガ カピバラさん」60頁。
  10. ^ a b 「マンガ カピバラさん」61頁。

外部リンク[編集]