カイルア・コナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カイルア=コナ

カイルア・コナKailua-Kona)はアメリカ合衆国ハワイ州ハワイ島コナにある都市。海岸沿いにリゾートホテルが立ち並ぶハワイ島西部の商業・観光の中心。毎年10月にはアイアンマン・トライアスロンIronman Triathlon)が開催される。 人口1万人弱で、ハワイ島で2番目に大きな都市でもある。

カイルア・コナは、19世紀ハワイ王国の王族たちの静養地として発展した[1]カメハメハ大王が余生を過ごした場所としても知られる[1]1970年以降は観光産業に傾倒し、ハワイ島でもっとも栄える商業都市のひとつへと変貌を果たした。

コナはハワイ語で風下の意味で、カイルアはカイ(Kai=海)とエルア(Elua=2つ)が合わさった2つの海という意味をもった言葉で、ハワイ諸島には他にオアフ島風上カイルアに対して、このハワイ島の風下にある町がカイルア・コナと呼ばれている。

観光[編集]

アフエナ・ヘイアウ
フリヘエ宮殿

アリイ通り[編集]

アリイ通り(Ali'i Drive)はカイルア湾に面したもっとも繁華な目抜き通りである。

アフエナ・ヘイアウ[編集]

キング・カメハメハズ・コナ・ビーチ・ホテルの海側にあるヘイアウ(アフエナ・ヘイアウ)は、王族専用のヘイアウとして利用されており、カメハメハ1世は余生を過ごしたカイルア湾北のカマカホヌの屋敷からこのアフエナ・ヘイアウまで幾度と無く足を参拝した[2]

フリヘエ宮殿[編集]

1838年クアキニによって熔岩を原材料にして建設されたこの宮殿は、ハワイ王族の別荘として利用され、1885年カラカウアによって欧米様式への建て替えが行われた。現在はハワイ王国時代の調度品や工芸品を常設展示する博物館となっている[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

参照項目[編集]