カメハメハ1世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カメハメハ大王
Kamehameha I
ハワイ国王
Kamehamehaportrait.jpg
カメハメハ1世
在位 1795年 - 1819年
全名 Kalani Paiʻea Wohi o Kaleikini Kealiʻikui Kamehameha o ʻIolani i Kaiwikapu kaui Ka Liholiho Kūnuiākea
出生 1758年(諸説あり)
Flag of Hawaii.svg ハワイ王国ハワイ島カパアウ
死去 1819年
Flag of Hawaii.svg ハワイ王国
王太子 カメハメハ2世
王朝 カメハメハ
テンプレートを表示

カメハメハ1世Kamehameha I1758年 - 1819年、生年は諸説あり)はハワイ諸島を初めて統一して1810年ハワイ王国を建国、初代国王となった人物である。カメハメハ大王の名でも親しまれる。「カ・メハメハ」はハワイ語で「孤独な人」、「静かな人」の意。なお、ハワイ語は文字を持たない言語であった関係で、古い文献などではハメハメハHamehameha)と表記される例も見られる。

プロフィール[編集]

国家統一[編集]

ハワイ島北部のカパアウで生まれた。ハワイ島の首長であったカラニオプウの甥にあたる。叔父の死後、その長男のキワラオを倒し島内を掌握。 イギリスから武器や軍事顧問などの援助を受け、マウイ島オアフ島など周辺の島々を征服していった。

政敵が火山の噴火や外敵などにより壊滅状態になったことも統一に幸いした。18世紀末までにはカウアイ島ニイハウ島を除く全地域を支配下におさめ、1810年にこの2島もカメハメハに服属して国家統一を成し遂げた。

カメハメハ5世(ロット・カメハメハ)によりKing Kamehameha Dayが定められ、その偉業をたたえて6月11日が現在もハワイ州独自の祝日となっている。

優れた外交感覚[編集]

カメハメハは優れた外交手腕でイギリスやアメリカ合衆国などの西洋諸国との友好関係を維持してハワイの独立を守り、伝統的なハワイの文化の保護と繁栄に貢献した。またカメハメハ1世が作った「ママラホエ」と呼ばれる法律は、戦時における非戦闘員の人権を保護するものであり、今日では世界中で受け入れられている先駆的なものであった。副王としてカメハメハ2世、および3世を補佐して旧習撤廃に努めたカアフマヌがいる。

カメハメハ軍の装備[編集]

1789年冬、アメリカ人メットカーフ親子が率いるエレアノラ号とフェアー・アメリカン号がハワイ島を訪問した際、トラブルにより100人余りの島民の命を奪う事件が起こった。これに恨みを持った首長カメイアイモクは「フェアー・アメリカン号」を1790年3月3日に襲撃した。

息子のメットカーフは海に突き落とされて死に、乗組員のアイザック・デービスが1人だけ生存した。息子の死を知ったメットカーフはジョン・ヤングを残して出航した。カメイアイモクの振る舞いに激怒したカメハメハ1世は、すぐデービスとヤングを保護し、自分の軍事顧問として遇した。

それ以来カメハメハ1世は火器火薬の調達にいそしみ、火器の使用法や管理法に習熟した白人の顧問を迎え入れた。1804年には、600挺のマスケット銃、14門の大砲、40門の旋回砲、6門の小型迫撃砲を保有するに至った。

大王像[編集]

カメハメハ大王像(ハワイ島ヒロ)
カメハメハ大王像(ホノルル)

カメハメハ1世の像は、現在ハワイ州内の3箇所にある。最も有名なのは、ホノルルのダウンタウン、アリイオラニ・ハレ(ハワイ州最高裁判所)にある像である。この像は、「キャプテン・クックによるハワイ発見100周年」を記念してイタリアで造られたが、輸送の途中海に没したため、再度造ったもの。

左手の槍は平和を象徴し、掲げた右手はハワイの繁栄を表している。なお、後の1体は、生誕地であるハワイ島北部のカパアウにある。この2体のバージョンと違う像がハワイ島のヒロにある。カメハメハ大王像は、そのミニチュアがハワイの土産物になり多くの土産物屋で売られているなど、日本でもよく知られた存在である。

日本における知名度[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 上笙一郎編『日本童謡事典』東京堂出版、2005年、383頁。ISBN 4-490-10673-4

関連項目[編集]