オグロヌー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オグロヌー
オグロヌー
オグロヌー Connochaetes taurinus
保全状況評価
LEAST CONCERN

(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg

分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ウシ目 Artiodactyla
亜目 : ウシ亜目 Ruminantia
: ウシ科 Bovidae
亜科 : ブルーバック亜科
: ヌー属 Connochaetes
: オグロヌー C. taurinus
学名
Connochaetes taurinus
(Burchell, 1823)
和名
オグロヌー
英名
Blinded gnu
Blue wildebeest

オグロヌーConnochaetes taurinus)は、動物界脊索動物門哺乳綱ウシ目(偶蹄目)ウシ科ヌー属に分類される偶蹄類。

分布[編集]

  • C. t. albojubatus シロヒゲオグロヌー

ケニア南部、タンザニア北東部[1][2]

  • C. t. cooksoni ザンビアオグロヌー

ザンビア北東部(ルアングワ渓谷[1][2]

  • C. t. johnstoni シロオビオグロヌー

タンザニア南部、マラウイモザンビーク北部[2]

  • C. t. taurinus クロヒゲオグロヌー

アンゴラ、ザンビア西部、ジンバブエスワジランドナミビアボツワナ南アフリカ共和国北部、モザンビーク[1][2]

形態[編集]

体長170-240cm。[2]尾長45-70cm。[1][2]体高115-145cm。[2]体重120-290kg。[2]顔を被う体毛は下方へ向かう。[2]喉は長い体毛で被われる。[2]胴体には黒い横縞が入る。[2]尾の体毛は黒い。

オス、メス共に下方外側へ湾曲し、先端が上方内側へ向かう角を持つ。[1][2]角長40-73cm。[1]

  • C. t. albojubatus シロヒゲオグロヌー

喉の体毛が黄白色。[2]胴体の体色は淡灰褐色。[2]

  • C. t. cooksoni ザンビアオグロヌー

顔の体毛は赤褐色、喉の体毛が黄白色。[2]眼下部に白い横縞が入らない。胴体の体色は赤みがかった淡灰褐色。[2]

  • C. t. johnstoni シロオビオグロヌー

顔の体毛は赤褐色、喉の体毛が黄白色。[2]眼下部に白い横縞が入る。胴体の体色は灰褐色。[2]

  • C. t. taurinus クロヒゲオグロヌー

顔や喉の体毛が黒い。[2]胴体の体色は青灰色。[2]

分類[編集]

  • Connochaetes taurinus albojubatus Thomas, 1892 シロヒゲオグロヌー
  • Connochaetes taurinus cooksoni Blaine, 1914 ザンビアオグロヌー Cookson's wildebeest
  • Connochaetes taurinus johnstoni Sclater, 1896 シロオビオグロヌー
  • Connochaetes taurinus mearnsi Heller, 1913 タンザニアオグロヌー(亜種シロヒゲオグロヌーのシノニムとする説もあり)
  • Connochaetes taurinus taurinus (Burchell, 1823) ケープオグロヌー、クロヒゲオグロヌー Blue wildebeest

生態[編集]

草原や開けた森林に生息する。[1][2]1頭もしくは少数のオスと複数のメスからなる小、中規模の群れを形成する。シマウマトムソンガゼルなどの草食動物と混群を形成することもある。雨季と乾季の間に数万頭という集団で大規模な移動を行う。

食性は植物食でや多肉植物を食べる。採食は早朝か夕方に行い、日中は休息していることが多い。

繁殖形態は胎生。妊娠期間は8-8か月半で、1回に1頭の幼獣を産む。[2]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 今泉吉典監修 D.W.マクドナルド編 『動物大百科4 大型草食獣』、平凡社1986年、131頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 今泉吉典監修 『世界の動物 分類と飼育7 (偶蹄目III)』、東京動物園協会、1988年、37-38頁。
  • 『原色ワイド図鑑3 動物』、学習研究社、1984年、109頁。
  • 『小学館の図鑑NEO 動物』、小学館、2002年、98頁。
  • ジュリエット・クラットン=ブロック著、『世界哺乳類図鑑』、新樹社、2005年、366-367頁

外部リンク[編集]