ウリハダカエデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウリハダカエデ
Acer rufinerve5.jpg
成葉と若い果実
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : バラ亜綱 Rosidae
: ムクロジ目 Sapindales
: カエデ科 Aceraceae
: カエデ属 Acer
: ウリハダカエデ A. rufinerve
学名
Acer rufinerve Siebold et Zucc.
和名
ウリハダカエデ
英名
Redvein Maple

ウリハダカエデ(瓜膚楓、学名:Acer rufinerve Siebold et Zucc.)は、カエデ科カエデ属落葉小高木ないし高木。雌雄異株まれに同株。カエデ科は、新しいAPG植物分類体系ではムクロジ科に含められている。

特徴[編集]

樹高は8-10m、まれに20mに達するものもある。樹皮は暗い青緑色の模様があり、この模様の色が、マクワウリの未熟な実の色に似ていることからウリハダカエデの名がある。冬芽は長さ7-13mmになる長卵形で、紅色または紫紅色。鱗片は2対あり、敷石状に並ぶ。鱗片葉は長さ4cmになるへら形で、背面に灰褐色の軟毛が下向きに密生し、また内面の中脈に白色の短毛が密生する。は花がつく枝に1対、花のつかない枝に1-3対、対生する。葉身は、長さ、幅ともに6-15cmの扇形5角形で、浅く3-5裂し、裂片の先端は尾状に鋭くとがり、基部は浅心形から切形になり、縁には不ぞろいの重鋸歯がある。葉質はやや厚く、花時の若葉には赤褐色の縮毛があるが、成葉では裏面の葉脈上だけに残る。葉柄は長さ2-6cmあり、花時には赤褐色の縮毛がある[1][2]

花期は5月。長さ5-10cmの総状花序を有花枝の先端から下垂させる。花序には褐色の縮毛があり、10-20個のをつける。花柄は長さ2-5mmある。花は淡黄色で5数性。雄花の萼片は長さ3mmになる楕円形、花弁は長さ5mmになるへら形、雄蕊は8個で長さ4mm。雌花は雄花よりやや小さく、退化雄蕊は8個で長さ1mm、子房に赤褐色の縮毛があり、花柱は2裂し、先端は外曲する。果期は7-9月。果実翼果で、分果の長さは2-3cmになり、翼果はほぼ直角に開き、種子部分が丸くふくらむ[1][2]

秋には黄色に紅葉する。

分布と生育環境[編集]

日本固有種で、本州四国九州屋久島にかけて広く分布[3]し、日当たりのよいやや湿気のある山地に自生する[3]

鹿児島県よりレッドリストの「分布特性上重要」の指定を受けている[4]

利用[編集]

材は白く、こけし、玩具、細工物、経木などに利用され、樹皮は丈夫であるため、縄やの材料として利用された[2]。また、庭園木、公園木として植栽される。

ギャラリー[編集]

雄花序 
雌花序 
若い枝 
対生する黄葉した葉 

下位分類[編集]

  • ホソバウリハダカエデ Acer rufinerve Siebold et Zucc. f. angustifolium Kitam.

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『日本の野生植物 木本Ⅱ』p.12
  2. ^ a b c 『樹に咲く花 山溪ハンディ図鑑4』pp.340-343
  3. ^ a b 樹皮・葉でわかる樹木図鑑 (2011)、179頁
  4. ^ 日本のレッドデータ検索システム「ウリハダカエデ」”. (エンビジョン環境保全事務局). 2012年11月28日閲覧。 - 「都道府県指定状況を一覧表で表示」をクリックすると、出典元の各都道府県のレッドデータブックのカテゴリー名が一覧表示される。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]