ウィルソン・キプケテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィルソン・キプケテル Portal:陸上競技
Asv-koeln-1997-wilson-kipketer.jpg
選手情報
フルネーム ウィルソン・キプケテル
国籍 デンマークの旗 デンマーク
種目 中距離走
生年月日 1972年12月12日(42歳)
身長 172cm
体重 64kg
自己ベスト 800m 1分41秒11(1997年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

ウィルソン・キプケテル(Wilson Kipketer、1972年12月12日 - )は、ケニア出身でデンマーク人の陸上競技選手。男子800mの元世界記録保持者である。なお、キプケテルとはケニアの言葉で縁側という意味である。

経歴[編集]

1980年代、ケニアの陸上競技選手であったキプチョゲ・ケイノに才能を見出され、中距離走を始めた。 19歳のとき、交換留学生としてコペンハーゲン大学電子工学を専攻し、そのままデンマークに移住した。その後、デンマーク代表として1995年世界陸上選手権に出場。初出場にして優勝を果たした。しかし、デンマーク国籍を取得していなかったために1996年アトランタオリンピックには出場できなかった。

オリンピックにこそ出場できなかったものの、1996年から1997年にかけては負け知らずで、28連勝を記録した。1997年初頭に行われた世界室内陸上選手権では、予選と決勝の2度にわたって室内世界記録を更新し、従来の記録を2秒以上短縮する1分42秒67を記録した。7月には16年間破られていなかったセバスチャン・コーイギリス)の1分41秒73に並ぶ世界タイ記録をマーク。更に8月の間に世界記録を2度も更新し、1分41秒11まで縮めた。この記録は2010年8月にデイヴィッド・レクタ・ルディシャにより更新された。世界陸上ではスタートからフィニッシュまで先頭を譲らず2連覇を達成した。

1998年マラリアを発症し、競技会に参加できなかったが、翌1999年に復帰し、その年のレースで10戦全勝。世界陸上でも優勝し、3連覇を果たした。2000年2月には、室内1000mで2分14秒96の世界記録を樹立するなど、この年のシドニーオリンピックでの優勝候補筆頭であったが、接戦の末、ニルス・シューマンドイツ)に敗れて2位であった。

2002年のヨーロッパ陸上選手権では、オリンピックで敗れたシューマンや、世界チャンピオンのアンドレ・ブヒャースイス)らを抑えて優勝した。その後は故障を抱えながらも、2004年アテネオリンピックでは銅メダルを獲得するなどの活躍を見せ、2005年8月に引退を表明している。

主な成績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録
1995 世界陸上選手権 イェーテボリスウェーデン 800m 1位 1分45秒08
1995 IAAFグランプリファイナル モンテカルロモナコ 800m 2位 1分45秒28
1997 世界室内陸上選手権 パリフランス 800m 1位 1分42秒67
1997 世界陸上選手権 アテネギリシャ 800m 1位 1分43秒38
1997 IAAFグランプリファイナル 福岡日本 800m 1位 1分42秒98
1999 世界室内陸上選手権 前橋日本 800m 2位 1分45秒49
1999 世界陸上選手権 セビリアスペイン 800m 1位 1分43秒30
1999 IAAFグランプリファイナル ミュンヘンドイツ 800m 1位 1分43秒55
2000 オリンピック シドニーオーストラリア 800m 2位 1分45秒14
2002 ヨーロッパ陸上選手権 ミュンヘンドイツ 800m 1位 1分47秒25
2003 世界室内陸上選手権 バーミンガムイギリス 800m 2位 1分45秒87
2004 オリンピック アテネギリシャ 800m 3位 1分44秒65

記録[編集]

  • 400m 46秒85  (1994年1月1日)
  • 800m 1分41秒11 (1997年8月24日)
  • 1500m 3分42秒80 (1993年1月1日)
  • 800m(室内) 1分42秒67 (1997年3月9日、世界記録)

外部リンク[編集]

先代:
イギリスの旗 セバスチャン・コー
男子800m競走世界記録保持者
1997.7.7 - 2010.8.22
次代:
ケニアの旗 デイヴィッド・レクタ・ルディシャ
先代:
イギリスの旗 セバスチャン・コー
男子800m競走ヨーロッパ記録保持者
1997.7.7 -
次代:
-