デイヴィッド・レクタ・ルディシャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デイヴィッド・レクタ・ルディシャ Portal:陸上競技
David Rudisha KBC Night of Athletics 2010.jpg
選手情報
フルネーム David Lekuta Rudisha
国籍 ケニアの旗 ケニア
種目 800m
生年月日 1988年12月17日(26歳)
生誕地 トランスマラ県キルゴリス
自己ベスト
400m 45秒15
800m 1分40秒91
 
獲得メダル
オリンピック
2012 ロンドン 800m
世界陸上競技選手権大会
2011 大邱 800m
IAAFコンチネンタルカップ
2010 スプリト 800m
アフリカ陸上競技選手権大会
2008 アディスアベバ 800m
2010 ナイロビ 800m
世界ジュニア陸上競技選手権大会
2006 北京 800m
アフリカジュニア陸上競技選手権大会
2007 ワガドゥグー 800m
編集 テンプレートのヘルプを表示する

デイヴィッド・レクタ・ルディシャDavid Lekuta Rudisha1988年12月17日 - )はケニア陸上競技選手、専門は中距離走リフトバレー州キルゴリス出身。2010年8月22日、ベルリンで開催された競技会において800mの世界記録を更新する1分41秒09を記録、さらに8月29日には1分41秒01まで記録を伸ばした[1]。2012年8月10日、ロンドンで開催されたオリンピックにおいて800mの世界記録を更新する1分40秒91を記録した。

経歴[編集]

2009年8月世界陸上競技選手権ベルリン大会に出場し準決勝に進出。9月イタリア・リエーティ県で開催されたIAAFグランプリでは、同国人サミー・コスケイが25年間保持していたアフリカ記録1分42秒28を更新する、1分42秒01の新記録を樹立して優勝した。これは男子800m歴代4位の記録である[2]

2010年6月IAAFダイヤモンドリーグビスレットゲームズアブバケール・カキと対戦したが、セバスチャン・コーが31年保持していた大会記録を更新する1分42秒04を記録し、これを下した[3]。7月10日、ベルギー・ヒュースデン=ゾルダーで開催されたナイトオブアスレチックスにおいて男子800m世界歴代2位、アフリカ記録となる1分41秒51を記録した[4][5]。8月22日、ベルリンの競技会ISTAFにおいて1分41秒09を記録し、ウィルソン・キプケテルが1997年8月に記録した男子800mの世界記録を0秒02更新した。8月のダイヤモンドリーグ最終戦のメモリアルヴァンダム800mで優勝。2010年IAAFダイヤモンドリーグの男子800mで4勝を挙げて年間種目別優勝者に輝き、ダイヤモンドトロフィーを獲得した。同年11月、女子走高跳ブランカ・ブラシッチと共に2010年度IAAF世界最優秀選手賞を受賞した[6]

人物[編集]

ルディシャはトランスマラ県キルゴリスに生まれ、何人ものトップランナーを輩出したことで知られるケイヨ県イテンのセントパトリック高校に通った。当初は400mの選手だったが、コーチであるコルム・オコンネルが彼を促して800mに挑戦させた。その後まもない2006年、ルディシャは800mの世界ジュニアチャンピオンになった[7]

ルディシャはマサイ族である[7]。彼の父ダニエル・ルディシャメキシコシティオリンピック4×400mRケニア代表第1走者であり、銀メダリストとなった選手である。

主な戦績[編集]

大会 開催地 種目 記録 備考
2006 世界ジュニア陸上競技選手権大会 中華人民共和国の旗 北京 800m 優勝
2007 アフリカジュニア陸上競技選手権大会 ブルキナファソの旗 ワガドゥグー 800m 優勝 [8]
2008 アフリカ陸上競技選手権大会 エチオピアの旗 アディスアベバ 800m 優勝
2009 世界陸上競技選手権大会 ドイツの旗 ベルリン 800m 準決勝 3組3着
2009 IAAFワールドアスレチックファイナル ギリシャの旗 テッサロニキ 800m 優勝
2010 アフリカ陸上競技選手権大会 ケニアの旗 ナイロビ 800m 優勝
2010 IAAFコンチネンタルカップ クロアチアの旗 スプリト 800m 優勝
2011 世界陸上競技選手権大会 韓国の旗 大邱 800m 優勝
2012 ロンドンオリンピック イギリスの旗 ロンドン 800m 優勝


記録[編集]

種目 記録 年月日 場所 備考
400m 45秒15 2013年5月3日 ナイロビ
800m 1分40秒91 2012年8月10日 ロンドン 世界記録

脚注[編集]

  1. ^ ISTAF Berlin 800Metres IAAF (2010-08-22). 2010年8月23日閲覧。
  2. ^ Sampaolo, Diego(2009-09-06). Rudisha 1:42.01 African 800m record in Rieti - IAAF World Athletics Tour IAAF. 2010年7月24日閲覧。
  3. ^ Middle distance magic in Oslo - IAAF Diamond League. IAAF (2010-06-04). 2010年7月24日閲覧。
  4. ^ Hendrix, Ivo(2010-07-10). Phenomenal 1:41.51 for Rudisha in Heusden-Zolder IAAF. 2010年7月24日閲覧。
  5. ^ 800 Metres All Time IAAF(2010-07-16). 2010年7月24日閲覧。
  6. ^ Bob Ramsak (2010-11-22). Rudisha and Vlasic: familiar faces, phenomenal deeds – 2010 World Athletes of the Year IAAF. 2011年7月30日閲覧
  7. ^ a b Wenig, Jörg(2009-09-13). Rudisha: Following in the footsteps of Konchellah and Kipketer? IAAF. 2010年7月24日閲覧。
  8. ^ Ouma, Mark(2007-08-13). Rudisha takes expected gold in Ouagadougou as African junior championships conclude IAAF. 2010年7月24日閲覧。

外部リンク[編集]