スティーブ・オベット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル

スティーブ・オベット(1984年)
イギリスの旗 イギリス
陸上競技
オリンピック
1980 モスクワ 男子 800m
1980 モスクワ 男子 1500m
ヨーロッパ陸上競技選手権大会
1974 ローマ 男子 800m
1978 プラハ 男子 800m
1978 プラハ 男子 1500m

スティーブ・オベット (Stephen Michael James ("Steve") Ovett、1955年10月9日 - )は、イギリスの陸上競技選手。1980年モスクワオリンピック男子800mの金メダリストである。イングランド南部サセックスブライトン出身。

経歴[編集]

オベットは若い頃からその才能を発揮し、1973年のヨーロッパジュニアの800mで優勝、翌年のシニアのヨーロッパ選手権で2位に入る活躍を見せる。国内では、1974年から1976年の800m、1979年の1500m、1980年の1マイルのチャンピオンである。

1976年モントリオールオリンピックでオリンピック初出場。800mに出場するものの5位に終わっている。

1978年のヨーロッパ選手権では1500mで優勝、800mでは2位という結果を残す。この年、800mで1分44秒09の好タイムを記録、また2マイルでは8分13秒51の世界新記録を樹立するなどすばらしい成績を収めた。この年、もしペースメーカーを使っていたら、彼の出したタイムから、1000m、1500m、1マイル、2000mの世界記録を更新していただろうと推測された。

オベットは、1980年モスクワオリンピックの1500mでは優勝候補の筆頭と見られていた。オリンピックの直前には1マイルで3分48秒8の世界新記録を樹立。その2週間後には1500mでも、セバスチャン・コーの3分32秒1と並ぶ世界タイ記録を出していた。さらに彼は1500mと1マイルの両種目で3年間も負けていなかった。

ところで、モスクワオリンピックは、オベットとコーの2回目の国際大会での対決であった。(最初の対決は1978年のヨーロッパ選手権の800mで、オベットがコーを破っている。)どちらが強いかということが注目された。コーは800mを得意とし、オベットは1500mを得意としていた。

800mの決勝、オベットは本命の1500mのための予行演習のつもりで出場していた。レースは最初の400m、オベットは6位、コーは最下位の8位で通過する。しかしここからオベットは前を走るランナーを捕らえてゆき、2位まで位置を上げてゆく。そして残り70mで先頭のソ連の選手を捕らえ、追ってきたコーを寄せつけず、3m差をつけてゴール。800mを得意としたコーを下し、金メダルを獲得した。

6日後に行われた1500mの決勝、オベットが得意種目であったが、勝ったのは800mを得意としたコーの方であった。オベットは3位となり、コーとオベットはお互い自らの得意種目で破れ、相手の得意種目で金メダルを獲得するという結果となった。

モスクワオリンピックの直後、オベットは1500mで3分31秒36の世界新記録を樹立する。一度は世界記録を破られたものの、1983年にはさらに3分30秒77と再度世界新記録を達成した。

オベットは、1984年ロサンゼルスオリンピックで800mの連覇がかかっていた。しかし、気管支炎を患っておりかろうじて決勝へ進出するも8位という結果に終わった。しかしレースの後、彼は倒れてしまい2晩も病院で過ごすこととなる。しかしオベットは1500mにも出場する。レースは、残り400mまで彼は4位につけていたものの、胸の痛みのため倒れてしまい途中棄権という結果となった。

1986年、彼はエディンバラで開催されたコモンウェルスゲームズの5000mで優勝する。しかし、1988年のソウルオリンピックでは代表になることができなかった。その後、ライバルであったセバスチャン・コーが引退した翌年の1991年に引退した。

  • 1978年のヨーロッパ選手権後にイギリスのあるスポーツ誌に次のような投書が載った『800mで我がオベットがゴール寸前で東独のO・バイヤーにかわされた時、一緒に見ていた人達から歓声が上がりました我国ではモハメド・アリのようなあり方は認められないのでしょうか。』レースにおける強引かつ精妙な位置取り、強気の発言。優等生のコーと対照的なキャラクターだったオベットはある種敵役でもあった。

自己ベスト[編集]

主な実績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録
1974 ヨーロッパ陸上競技選手権大会 ローマ(イタリア) 800m 2位 1分45秒77
1976 オリンピック モントリオール(カナダ) 800m 5位 1分45秒44
1976 オリンピック モントリオール(カナダ) 1500m 6位(sf) 3分40秒34
1977 IAAF陸上ワールドカップ デュッセルドルフ(西ドイツ) 1500m 1位 3分34秒45
1978 ヨーロッパ陸上競技選手権大会 プラハ(チェコスロバキア) 800m 2位 1分44秒09
1978 ヨーロッパ陸上競技選手権大会 プラハ(チェコスロバキア) 1500m 1位 3分35秒59
1980 オリンピック モスクワ(ソビエト連邦) 800m 1位 1分45秒40
1980 オリンピック モスクワ(ソビエト連邦) 1500m 3位 3分38秒99
1981 IAAF陸上ワールドカップ ローマ(イタリア) 1500m 1位 3分34秒95
1983 世界陸上競技選手権大会 ヘルシンキ(フィンランド) 1500m 4位 3分42秒34
1984 オリンピック ロサンゼルス(アメリカ合衆国) 800m 8位 1分52秒28
1984 オリンピック ロサンゼルス(アメリカ合衆国) 1500m - DNF
1986 コモンウェルスゲームズ エディンバラ(スコットランド) 5000m 1位 13分24秒11

外部リンク[編集]