ウィリアム・ブルム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアム・ブルム
William Blum
NLN William Blum.jpg
ウィリアム・ブルム(2007年)
誕生 1933年 (80–81歳)
職業 会計士アメリカ合衆国国務省職員、プログラマージャーナリスト
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル 政治評論歴史学
代表作 The CIA: A Forgotten History (1986)
Rogue State: A Guide to the World's Only Superpower (2000)
Killing Hope (2003)
公式サイト http://www.killinghope.org
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ウィリアム・ブルムWilliam Blum1933年 - )はアメリカ合衆国作家歴史家外交問題評論家大学では会計学を学んでおり、1960年代半ばアメリカ合衆国国務省にてコンピュータ関連の部署に就く。当初は外交官を目指す反共派であったが、ベトナム戦争で幻滅するに至った。以降、アメリカ合衆国が行ってきた戦争犯罪国家犯罪を次々と暴露している。現在ワシントンDCに在住[1]

ジャーナリズム[編集]

1967年に国務省を退職すると、「ワシントン自由新聞社」の設立者兼編集者の1人となる。1969年には200名以上もの工作員氏名住所を収録した、中央情報局(CIA)の暴露本を上梓。アメリカ合衆国やヨーロッパ南米フリーランスジャーナリストとして活動を行う。就中1972年から1973年まで、アジェンデ政権下のチリで「社会主義実験」を報じた。

1970年代半ば、元CIA工作員のフィリップ・アジェらと共同で、CIAの工作員とその犯罪を暴露するプロジェクトをロンドンで立ち上げており[2]、CIAの介入や暗殺計画に多大なる注意を払う事となる。また、ラルフ・ネーダー大統領選挙に出馬した際、キャンペーンへの支援を行った[3]

現在はニュースレター反帝国主義レポート」を月1回発行。生涯の使命を「終焉には至らないまでも、少なくともアメリカ帝国を減速させる事。少なくとも獣にダメージを与える事。それこそ世界中の災難の原因に他ならない」としている[1]

オサマ・ビンラディンについて[編集]

2006年初頭、オサマ・ビンラディンがブルムを引用し、アメリカの全市民はその著書『ならず者国家』を読むべしとのビデオ声明を出すと、メディアの脚光を浴びる事となる。また言及の結果、の売り上げも大きく増加。この事についてブルムは、次のように述べている[4]

私は彼(オサマ・ビンラディン)が言ってきた事を知るや、大変驚き衝撃を受けてさえいる。本の売り上げに貢献するだろうとは思っていたので、誰が賞賛しようが構わない。彼が私とアメリカ合衆国の特定の側面に対する嫌悪を共有するのであれば、彼が本を推奨するのを拒絶するするつもりはない。

著書[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Montgomery, David (2006年1月21日). “The Author Who Got A Big Boost From bin Laden”. Washington Post: pp. C01. http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2006/01/20/AR2006012001971.html 
  2. ^ Bill Blum's ZSpace Page, Z Magazine online, accessed May 31, 2008.
  3. ^ Blum, William On Liberals, Phil Agee, and the 9-11 Truth Movement, Dissident Voice, January 14, 2008. Accessed May 31, 2008.
  4. ^ “Bin Laden plug boosts book sales”. Sydney Morning Herald. Reuters. (2006年1月). http://smh.com.au/news/world/bin-laden-plug-boosts-book-sales/2006/01/21/1137734175551.html 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]