アンドリスコス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アンドリスコスギリシャ語Ανδρίσκος, 英語:Andriscus or Andriskos, 紀元前185年頃 ミュシア - 紀元前146年頃 ローマ)または偽ピリッポスpseudo-Philip)は、アナトリアアイオリス地方にあったアドラミュティオン(現エドゥレミット Edremit)の支配者。マケドニア王国最後の王ペルセウスの子ピリッポスを自称した。アンドリコスが王座にあったのは紀元前149年から紀元前148年までの1年間だった(第4次マケドニア戦争)。

アンドリスコスはマケドニアの支持を得られず、セレウコス朝(シリア)のデメトリオス1世ソテル(Demetrius I Soter)の支援を受け、ローマと戦った。この時は逃げたが、再びトラキア人の大軍を率いてマケドニアに現れ、紀元前148年、執政官Publius Juventius(Publius Iuventius)を破って、王を名乗った。しかし、テッサリアの征服およびカルタゴとの同盟は状況を悪化させ、紀元前148年に、クィントゥス・ カエキリウス・メテルス・マケドニクス(Quintus Caecilius Metellus Macedonicus)に破れ、トラキアに逃げるが、トラキアの王子によってローマに引き渡された。

アンドリスコスは「マケドニクス」の称号を受けたメテルスの勝利(紀元前146年)を考慮に入れていた。アンドリスコスの短い支配は虐待および搾取が顕著であった。以後、マケドニアは正式にローマの属州となった。

参考文献[編集]