アルケラオス2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルケラオス2世:Ἀρχέλαος Βʹ, ラテン文字転記:Archelaos II)はアルゲアス朝のマケドニア王である。

アルケラオス2世はアルケラオス1世の子である。ウォルター・ローリーによれば、アルケラオス2世は父の後を継いで7年間君臨し、偶然もしくはクラテロスの手によって首を吊って死んだ。ローリーはこの後弟のオレステスが即位したと言っているが、紀元前396年にオレステスが後見人のアエロポス2世によって殺されたというディオドロスの記述とは食い違う。

参考文献[編集]

History of the World by Walter Ralegh


先代:
クラテロス
マケドニア王
次代:
オレステス