アルケタス2世 (マケドニア王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルケタス2世:Ἀλκέτας B'、ラテン文字転記:Alcetas II、? - 紀元前448年、在位:紀元前454年 - 紀元前448年)はアルゲアス朝のマケドニア王である。

アルケタス2世は先代の王アレクサンドロス1世の長子である。弟にペルディッカス2世ピリッポスが、子供としてはアレクサンドロスがいた。アルケタスは父王の死後王位についたが、後にペルディッカスによって王位を奪われ、さらにペルディッカスとアルケタス2世の奴隷だった女との子アルケラオス1世によってペルディッカスが奪った王位を返してやるという名目でアルケタスは誘い出され、酔わされた上でアレクサンドロスともども殺された[1]

[編集]

  1. ^ プラトン, 『ゴルギアス』, 471a- 471e

参考文献[編集]


先代:
アレクサンドロス1世
マケドニア王
紀元前454年 - 紀元前448年
次代:
ペルディッカス2世