アンティパトロス2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アンティパトロス2世:Ἀντίπατρος Β', ラテン文字:Antipatros II, 在位:紀元前297年 - 紀元前294年, ? - 紀元前294年)はカッサンドロス朝マケドニア王である。

アンティパトロス2世は、カッサンドロス朝を開いたカッサンドロスアレクサンドロス3世(大王)の異母妹のテッサロニケとの子(次男)である。カッサンドロスの死後、アンティパトロスの兄フィリッポス4世が王位についたもののすぐに死に、アンティパトロスは弟のアレクサンドロス5世と共に王位についた。彼は王国の分割に当たって弟を贔屓したとして命乞いにもかかわらず母を殺し(ディオドロス、XXI、7)、アレクサンドロスは母の復讐のため兄と一戦交えようとデメトリオス1世を呼び込んだ。トラキアリュシマコスは義子のアンティパトロスを説得し、和解を促した。しかし、イプソスの戦いで敗れて以来捲土重来を目論んでいたデメトリオスはカッサンドロスの悪行を大義名分としてアレクサンドロスを殺して自らが王位につき、アンティパトロスを王位より放逐した。一方、トラキア人の王ドロミカイデスと戦っていたリュシマコスはデメトリオスとの二正面での戦いを嫌い、アンティパトロスの支援を取りやめ、アンティパトロスのマケドニアの領地をデメトリオスが掌握することを認めた。これによってアンティパトロスは王位と領土を失った。その後、アンティパトロスはリュシマコスに騙されたと不平を漏らしたため、リュシマコスによって殺された(ユスティヌス、XVI、1-2)。こうしてカッサンドロス朝は短命のうちに滅亡し、アンティパトロスの死によって、アレクサンドロス3世(大王)の血縁は完全に途絶え、カッサンドロスとテッサロニケの直系子孫も断絶したのである。

紀元前279年にアンティパトロス2世の従兄弟にあたるアンティパトロス・エテシアスが一時的にカッサンドロス朝を再興させるも、在位して2ヶ月も経たぬうちに彼は親族のソステネスに王位を奪われ、ソステネスも紀元前277年には暗殺されるという不安定な短命政権に終わった。

参考文献[編集]