ソステネス (マケドニア王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ソステネス:Sosthenes, ラテン文字転記:Σωσθένης, ? - 紀元前277年、在位:紀元前279年 - 紀元前277年)は紀元前3世紀のマケドニア王である。

ソステネスはトラキアリュシマコスに仕えた将軍であったが、マケドニアに侵入してプトレマイオス・ケラウノス王を戦死させたガリア人を破ってマケドニアを彼らの略奪から守ったことによってマケドニア人の人気を博した[1]。ソステネスは紀元前279年に従兄弟のアンティパトロス・エテシアスを追い出し王位についた。しかし、再び侵入してきたブレンヌス率いるガリア人との戦いで敗れた[2]。それからしばらくしてソステネスは殺され、アンティゴノス2世が王位についた。

[編集]

  1. ^ ユスティヌス, XXIV. 5
  2. ^ ibid, XXIV. 6

参考文献[編集]