アミュンタス4世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アミュンタス4世: Ἀμύντας Δラテン文字転記:Amyntas IV、? - 紀元前336年、在位:紀元前359年 - 紀元前356年)は、アルゲアス朝マケドニア王である。

アミュンタス4世は先代の王ペルディッカス3世の子である。アミュンタスは父王が紀元前359年イリュリア人との戦いで死んだために王位に上った[1][2]。しかし、アミュンタスはまだ幼子だったので叔父のピリッポス2世摂政となり、国政を担った。ユスティヌスによれば、ピリッポスはしばらくは摂政の地位に留まっていたが、戦争が切迫してきたため、民衆に推挙されて王位についた[3]。その後、アミュンタスはピリッポスの娘キュナネと結婚し、ピリッポスの子ピリッポス3世の妻となるエウリュディケをもうけた。紀元前336年にアミュンタスは従兄弟のアレクサンドロス3世の命を狙う陰謀を企てたが、不発に終わって処刑された[4]

[編集]

  1. ^ ディオドロス, XVI, 2
  2. ^ ユスティヌス, VII, 5
  3. ^ ibid, VII, 5
  4. ^ クルティウス, VI, 9, 17

参考文献およびサイト[編集]

先代:
ペルディッカス3世
マケドニア王
紀元前359年 - 紀元前356年
次代:
ピリッポス2世