ピリッポス4世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ピリッポス4世フィリッポス4世とも、:Φίλιππος Δʹ、ラテン文字転記:Philippos IV、? - 紀元前297年、在位:紀元前297年)はカッサンドロス朝マケドニア王である。

ピリッポス4世はカッサンドロス朝の創始者カッサンドロスアレクサンドロス3世(大王)の異母妹のテッサロニケとの子(長男)である。ピリッポスは父の死後に王位についたが、1年と経たずに病死した[1][2]。王位は弟のアンティパトロス2世アレクサンドロス5世が共同で継いだが、彼らは王位を独占すべく互いに争いを始めた[3]。兄弟のこの争いは他のディアドコイの干渉を招き、これによってカッサンドロス朝は滅亡することになる。

[編集]

  1. ^ ユスティヌス, XV. 4
  2. ^ パウサニアス, IX. 7. 3
  3. ^ ユスティヌス, XVI. 1

参考文献[編集]


先代:
カッサンドロス
マケドニア王
(カッサンドロス朝)
紀元前297年
次代:
アンティパトロス2世
アレクサンドロス5世