アンコール (エミネムのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンコール
エミネムスタジオ・アルバム
リリース 2004年11月12日
2004年11月15日(国内盤)
2004年11月25日
(コレクターズ・ボックス)
2004年12月8日
(コレクターズ・エディション)
録音 2004年3月8月
ジャンル ヒップホップ/ラップ
時間 77分48秒
レーベル シェイディ・レコーズ
アフターマスエンタテインメント
インタースコープ・レコーズ
ユニバーサルミュージックインターナショナル
プロデュース ドクター・ドレー
エミネム
ルイス・レスト
マイク・エリゾンド
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
ゴールド等認定
  • 4プラチナム(米国)
  • ダブル・プラチナ(日本)
エミネム 年表
ザ・エミネム・ショウ
2002年
アンコール
2004年
カーテン・コール。 ~ザ・ヒッツ
2005年
テンプレートを表示

『アンコール』(Encore)はエミネムの4thアルバム。2004年11月12日発売。

解説[編集]

1stカットシングルは『Just Lose It』。全世界で400万枚以上、日本国内でも40万枚を越えるセールスを記録したヒット作品。ジョージ・ウォーカー・ブッシュマイケル・ジャクソンに対する風刺曲なども収録され、約2年ぶりのアルバムということだけでなく話題に事足りない作品となった。

収録曲[編集]

  1. カーテンズ・アップ - Curtains Up
  2. イーヴル・デイーズ - Evil Deeds
  3. ネヴァー・イナフ - Never Enough (featuring 50 Cent and Nate Dogg)
  4. イエロー・ブリック・ロード - Yellow Brick Road
  5. ライク・トイ・ソルジャーズ - Like Toy Soldiers
    マルティカの曲をサンプリングし、原曲の発表したマルティカが後に脚光を浴びている。
  6. モッシュ - Mosh
    2004年アメリカ大統領選挙を直前に控えたジョージ・ウォーカー・ブッシュ批判の意で発表され、話題となった。
  7. プーク - Puke
  8. マイ・ファースト・シングル - My 1st Single
  9. ポール (スキット) - Paul (skit)
  10. レイン・マン - Rain Man
  11. ビッグ・ウィーニー - Big Weenie
  12. エム・コールズ・ポール (スキット) - Em Calls Paul (skit)
  13. ジャスト・ルーズ・イット - Just Lose It
    先行シングルとして発売され、チャートでもTOP10入りするヒットになっている。PVではマイケル・ジャクソン整形疑惑や幼児虐待疑惑を揶揄する内容だとして当人から訴訟を起こされるなど米国のみならず日本国内でも話題を呼んだ。
  14. アス・ライク・ザット - Ass Like That
  15. スペンド・サム・タイム - Spend Some Time (featuring 50 Cent, Obie Trice, and Stat Quo)
  16. モッキンパード - Mockingbird
  17. クレイジー・イン・ラヴ - Crazy in Love
  18. ワン・ショット・2・ショット - One Shot 2 Shot (featuring D12)
  19. ファイナル・ソウト(スキット) - Final Thought (skit)
  20. アンコール - Encore/Curtains Down (featuring Dr.Dre and 50 Cent)

ボーナスCD[編集]

  1. ウィー・アズ・アメリカンズ - We As Americans
  2. ラヴ・ユー・モア - Love You More
  3. リッキー・ティッキー・トック - Ricky Ticky Toc

前作:
ザ・エミネム・ショウ

エミネムのオリジナルアルバム

次作:
カーテン・コール。〜ザ・ヒッツ