アレッサンドロ・ファルネーゼ (枢機卿)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アレッサンドロ・ファルネーゼ、ティツィアーノ

アレッサンドロ・ファルネーゼ・イル・ジョヴァーネ(Alessandro Farnese il Giovane, 1520年10月5日 - 1589年3月2日)は、イタリア枢機卿および外交官ローマ教皇パウルス3世(俗名アレッサンドロ・ファルネーゼ)の孫であり、初代パルマ公ピエール・ルイージ・ファルネーゼの長男、第2代パルマ公オッターヴィオの兄である。

ヴァレンターノで生まれた。長子でありながら聖職についたことから、ピエール・ルイージの正妻ジェローラマ・オルシーニの子ではないのでは、という憶測が飛び交った。ボローニャで学び、パルマの行政官となった。1534年、パウルス3世によりサンタンジェロのディーコン枢機卿など数々の称号を賜り、多くの禄と館を得た。1536年シチリア司教となると、当地に大学を創設した。

教皇特使として、神聖ローマ皇帝カール5世フランスフランソワ1世の絶え間ない争いの仲裁に当たった。1546年には、カール5世がシュマルカルデン同盟との戦いに教皇に援助を願い出たため、アレッサンドロは帝国軍に同行した。1580年には教皇選挙の候補者となったが落選している。他にはジェズ教会の出資およびローマのファルネーゼ宮殿の改築、カプラローラのファルネーゼ宮殿の建設や教会の補修を行った。

一人娘で庶子のクレーリア・ファルネーゼの名前が伝えられており、「天使のように清らかな」といわれた彼女は、ローマの名家出身のジョヴァン・ジョルジオ・チェザリーニへ、次いでマルコ・ピオ・ディ・サヴォイアへ嫁いだ。