カルロ・ボッロメーオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カルロ・ボッローメオ

カルロ・ボッローメオ (Carlo Borromeo、1538年10月2日アローナ - 1584年11月3日ミラノ) は、カトリック聖人。聖カルロとも。聖名祝日11月4日

1538年イタリア北部のアローナで貴族のボッローメオ家に生まれる。1560年1月31日、母方の伯父にあたる教皇ピウス4世に任命され22歳で枢機卿となる。 1565年にはミラノ大司教となる。

聖母マリアに支えられながら祈るボッローメオ 。(ヨハン・ロットマイヤー絵、ウィーンカール教会)

1576年にミラノがペストの流行に見舞われたとき、ボッローメオは危険も出費も顧みず、患者の便宜を図り、死者の埋葬が行われるよう尽力した。ペストが猛威をふるう近隣の教区をすべて訪れ、患者に金を援助し必要な物資を配る一方、義務を果たそうとしない怠慢な者たち、特に聖職者を罰した。

1584年11月4日、ミラノで死去した。1610年11月1日列聖された。