ピエール・ルイージ・ファルネーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピエール・ルイージ・ファルネーゼ

ピエール・ルイージ・ファルネーゼPier Luigi Farnese, 1503年11月19日カニーノ - 1547年9月10日ピアチェンツァ)は、ファルネーゼ家の初代パルマ公(在位:1545年 - 1547年)。父はローマ教皇パウルス3世

1527年、神聖ローマ皇帝カール5世ローマ略奪の時から軍人となった。1537年、妻ジェローラマ・オルシーニの実家オルシーニ家の伯位、ピティリアーノ伯爵を襲名する。1538年カストロ伯となる。1545年にパルマ公とピアチェンツァ公を兼ねた。非常に冷酷な人間として知られる一方、同性愛者・男色家といわれていた。

1547年、貴族ら数名に刺された上、ピアチェンツァ広場に向けて窓から投げ落とされて死んだ。皇帝カール5世の代理フェランテ・ゴンザーガ(フランチェスコ2世・ゴンザーガイザベラ・デステの息子)は、直ちに公国を占領した。

ジェローラマとの間には4男が生まれ、あとを継いだのは次男のオッターヴィオだった。長男アレッサンドロと3男ラヌッチョ(1530年 - 1556年)は聖職者となった。一人娘ヴィットーリアは、ウルビーノグイドバルド2世・デッラ・ローヴェレ妃となった。庶子にオラツィオがおり、彼はカストロ公となってディアーヌ・ド・フランスと結婚した。

関連作品[編集]

  • 「黄金のローマ」(小説)塩野七生著。女性主人公オランピアの愛人として登場する。
先代:
新設
パルマ公
1545年 - 1547年
次代:
オッターヴィオ