ジャコモ・デッラ・ポルタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジャコモ・デッラ・ポルタ(Giacomo della Porta、1533年ごろ - 1602年)は、イタリアの建築家で彫刻家。サン・ピエトロ大聖堂など主にローマで多数の建築物の建設に関わった[1]ロンバルディア州ポルレッツァで生まれ、ローマで死去。

生涯[編集]

デッラ・ポルタは、ミケランジェロや師匠だったジャコモ・バロッツィ・ダ・ヴィニョーラの影響を受け、彼らの下で仕事をした。1563年以降、ミケランジェロの設計案に基づき、カンピドリオの丘の広場再建を行い、セナトリオ宮(ローマ市庁舎)のファサードと階段、コルドナータと呼ばれるカンピドリオの広場に登って行く階段を完成させた。

1573年にヴィニョーラが亡くなると、イエズス会の母教会であるジェズ教会の建設を引き継ぎ、1584年にはファサードを新たな設計に変更した。

1573年以降、ドメニコ・フォンターナと共に建設中だったサン・ピエトロ大聖堂の建設責任者となり、ミケランジェロのドームを1588年から1590年の間に完成させた。

デッラ・ポルタは16世紀からあるいくつかのローマの噴水も建設している。例えば、ポポロ広場の噴水、ナヴォーナ広場の北にある「ネプチューンの噴水」と南にある「ムーア人の噴水」などである。

主な作品[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^  Giacomo della Porta”. Catholic Encyclopedia. New York: Robert Appleton Company. (1913). 

参考文献[編集]

  • Katherine Rinne, "Fluid Precision: Giacomo della Porta and the Acqua Vergine fountains of Rome", in Landscapes of Memory and Experience, ed. Jan Birksted (London, 2000), 183-201.
  • Katherine W. Rinne, “Between Precedent and Experiment: the Restoration of the Acqua Vergine (1560-1570)”, in L. Roberts, S. Schaffer and P. Dear (eds.), The mindful hand: inquiry and invention from the late Renaissance to early industrialisation (Edita/University of Chicago Press: 2007), 95-115.