アルフレッド・セイヤー・マハン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルフレッド・セイヤー・マハン
Alfred Thayer Mahan
Alfred thayer mahan.jpg
生誕 1840年9月27日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ウェストポイント
死没 1914年12月1日(満74歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ニューヨーク
所属組織 United States Department of the Navy Seal.svgアメリカ海軍
軍歴 1861 - 1896、1898
最終階級 海軍大佐(退役後の1906年海軍少将に叙せられる)
除隊後 歴史家
テンプレートを表示

アルフレッド・セイヤー・マハンAlfred Thayer Mahan, 1840年9月27日 - 1914年12月1日)とはアメリカ海軍軍人歴史家戦略研究者最終階級海軍少将

マハンはアメリカ海軍の士官であるだけでなく、研究者としても名を馳せた。その研究領域は海洋戦略・海軍戦略海戦術などに及び、シーパワー制海権海上封鎖大艦巨砲主義などに関する研究業績がある。中でも古典的な海洋戦略を展開した『海上権力史論』は世界各国で研究されている。

19世紀フランスの研究者アントワーヌ=アンリ・ジョミニや父デニス・ハート・マハンの影響を強く受けており、マハンの研究に影響を受けた人物にはセオドア・ルーズベルトヴィルヘルム2世ジュリアン・コーベット佐藤鉄太郎秋山真之などがいる。彼に因んでいくつかの艦船が「マハン」と命名された。

経歴[編集]

マハンはニューヨーク州ウェストポイントで、陸軍士官学校の教授であったデニス・ハート・マハンとメアリー・ヘレナ・マハン夫妻の間に生まれる。親の希望に反してコロンビア大学で2年間学び、その後海軍兵学校に進んだ。

1859年に卒業後、1861年少尉任官し、南北戦争ではフリゲートコングレス (USS Congress)、外輪船のポカホンタス (USS Pocahontas)、ジェームズ・アジャー (USS James Adger) に乗艦した。この勤務中に1865年には海軍少佐1872年海軍中佐と昇進している。イロコイ号 (en:USS Iroquois (1859)) の副長として幕末明治維新日本を実見した[1]

1885年には論文メキシコ湾と内海』が評価されたため、海軍大佐に昇進して海軍大学校の初代教官を務め、海戦術の教育を担当した。1890年に『海上権力史論』が発表され、1892年から翌年まで海軍大学校の第二代校長として務める。

1893年巡洋艦シカゴの艦長としてイギリスを訪問する。

1896年に退役してからは、アメリカ歴史学会会長およびハーグ平和会議のアメリカ代表団顧問を務めた他は研究に専念しており、『ネルソン伝』『米西戦争の教訓』『フランス革命ナポレオン帝国におけるシーパワーの影響』『海軍戦略』を発表した後の1914年ワシントンD.C.で死去する。

著書[編集]

  • The Gulf and Inland Waters (1883)
  • The Influence of Sea Power Upon History, 1660-1783 (1890) [available online from Project Gutenberg]
  • The Influence of Sea Power upon the French Revolution and Empire, 1793-1812 (1892)
  • Admiral Farragut (1892)
  • The Interest of America in Sea Power, Present and Future (1897)
  • The Life of Nelson: The Embodiment of the Sea Power of Great Britain (1899)
  • Lessons of the War with Spain, and Other Articles (1899)
  • The Problem of Asia and Its Effect Upon International Policies (1900)
  • Types of Naval Officers Drawn from the History of the British Navy, with Some Account of the Conditions of Naval Warfare at the Beginning of the Eighteenth Century, and of Its Subsequent Development During the Sail Period (1901)
  • Sea Power in Its Relations to the War of 1812 (1905)
  • Naval Administration and Warfare: Some General Principles, with Other Essays (1908)
  • Naval Strategy Compared and Contrasted with the Principles and Practice of Military Operations on Land (1911)
  • Armaments and Arbitration; or, The Place of Force in the International Relations of States (1912)
  • The Influence of Sea Power Upon History, 1660-1805 (abridged ed, 1980)

邦訳の著作[編集]

  • The Influence of Sea Power Upon History, 1660-1783 (1890)
  • The Influence of Sea Power upon the French Revolution and Empire, 1793-1812 (1892)
    • 『仏国革命時代海上権力史論(上・下)』(水交社訳、東邦協会、1900年)- 近代デジタルライブラリーにて閲覧可能(全国書誌番号:40015156
  • The Interest of America in Sea Power, Present and Future (1897)
    • 『太平洋海権論』(水上梅彦訳、小林又七、1899年)- 近代デジタルライブラリーにて閲覧可能(全国書誌番号:41019230
  • Naval Strategy Compared and Contrasted with the Principles and Practice of Military Operations on Land (1911)
    • 『海軍戦略』(尾崎主税訳、千倉書房、1932年)
    • 『海軍戦略――陸軍作戦原則との比較対照』(尾崎主税訳、原書房、1978年)
    • 『海軍戦略』(井伊順彦訳、中央公論新社、2005年2月)ISBN 978-4120036118
  • The Life of Nelson: The Embodiment of the Sea Power of Great Britain (1899)
    • 『ネルソン伝――英国水師提督』(海軍教育本部編、大島貞益訳、博文館、1906年)
    • 『ホレーシオ・ネルソン』(平沼淑郎訳、実業之日本社、1922年)
  • 日本で編まれたアンソロジー

日本への紹介[編集]

同時代の日本においてマハンの著作・思想の紹介・導入・応用に関わった人物として、金子堅太郎肝付兼行小笠原長生佐藤鉄太郎寺島成信がいた。それぞれの項目を参照。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ イロコイ号が天保山沖に停泊中、徳川慶喜開陽丸に移るまで一夜泊めている。また開港直後の兵庫港では神戸事件を経験している。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 谷光太郎 『アルフレッド・マハン-孤高の提督』(白桃書房、1990年5月)ISBN 978-4561510130
    • 谷光太郎 『海軍戦略家 マハン』(中央公論新社〈中公叢書〉、2013年11月)
  • 『米国東アジア政策の源流とその創設者-セオドア・ルーズベルトとアルフレッド・マハン』(谷光太郎、山口大学経済学会、1998年8月)
  • ジョン・スミダ「地政学者アッフレッド・セイヤー・マハン」(コリン・グレイ、ジェフリー・スローン編著『進化する地政学--陸、海、空 そして 宇宙へ』五月書房、戦略と地政学1、2009年)ISBN 978-4-7727-0479-3
  • 大久保桂子「マハン」(『歴史学事典 5 歴史家とその作品』(弘文堂、1997年) ISBN 978-4-335-21035-8

外部リンク[編集]