アズィーズ・サーリフ・アッ=ヌウマーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アズィーズ・サーリフ・ハサン・アッ=ヌウマーン・アル=ハッファージAziz Salih Hasan Al-Numan Al-Hafaji 1943年)は、イラクの元政治家革命指導評議会メンバー、バアス党地域指導部(RC)メンバー、党南部局長。湾岸戦争時、イラク占領下にあるクウェートの「知事」を務めた人物でもある。

経歴[編集]

1943年にイラク南部の町シャトラの農家に生まれる。早くからバアス党に入党し、党内で順調に昇進していった。1970年代に、当時農業大臣だったイッザト・イブラーヒームの知遇を得て、地元シャトラとナーシリーヤの党支局メンバーとなる。

その後、南部の地方行政を任され、ジーカール県知事、バスラ県知事を得て、1977年カルバラー県知事に任命され、1983年にはナジャフ県知事に就任。シーア派住民による反政府運動や政権に対する抗議デモを取り締まり、シーア派イスラーム主義運動を抑え込むため、シーア派ウラマー(イスラーム法学者)の逮捕・投獄やシーア派独自の儀式「アーシューラー」の禁止、歴代シーア派イマームが埋葬されている聖廟を見せしめとして取り壊すなど、強圧的な統治を行った。

1986年には農業・土地改革大臣として入閣し、1987年まで大臣職を務めた。

1990年、イラクがクウェートに侵攻すると、90年11月14日にヌウマーンはイラク19番目の県としてイラクに併合されたクウェートの県知事に任命される。ヌウマーンはここでクウェートの「イラク化」するために同化政策を行った。

湾岸戦争開戦により、多国籍軍がクウェートに迫ると、ヌウマーンはイラクに逃亡した。その際、ヌウマーンはクウェート人捕虜をイラク国内に連行するように指示している。その後、捕虜は全員殺害されていたことがサッダーム政権崩壊後に判明しており、この件についてヌウマーンはクウェート側から戦争犯罪の容疑を掛けられている。

イラク戦争開戦により、政権が崩壊する2003年4月まで党南部局長の地位にあった。これは、南部各県での地方行政経験とシーア派住民の反抗を徹底的に取り締まったことがサッダーム・フセインに評価されたための人事であるという見方がある

2002年6月には、マイサーン県アマーラにおいて銃撃による暗殺未遂に遭い、負傷している。この時、シーア派反体制派組織「イラク・イスラム革命最高評議会」が犯行声明を出していた。

政権崩壊後は行方を晦ましていたが、2003年5月21日バグダードのカルフ地区でアメリカ軍によって拘束された。

裁判[編集]

2004年7月1日、ヌウマーンは、旧政権下で行われた犯罪を裁くイラク特別法廷に出廷。「人道に対する罪」や「戦争犯罪」で訴追される。容疑にはクウェートでの残虐行為も含まれていた。

2008年6月15日に開かれた、1999年に起こったシーア住民による反政府蜂起を弾圧し、住民を虐殺した事件を裁くイラク高等法廷の公判にヌウマーンは被告人として出廷し、2009年3月2日、法廷はヌウマーンに死刑判決を下した。

またイラク北部に住むシーア派クルド人(ファイリー・クルド)に対する虐殺事件を審理する公判が2010年1月26日に開かれ、当時バアス党幹部であったヌウマーンも事件に関与したとして公判に出廷し、10年11月29日に2度目の死刑判決を言い渡されている。

外部リンク[編集]