革命指導評議会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イラク革命指導評議会(مجلس قيادة الثورة العراقي 英語: Iraq Revolutionary Command Council, "RCC")は、イラク共和国にかつて存在した国家機関である。

概要[編集]

1968年7月のバアス党政権誕生から、2003年4月にサッダーム・フセイン政権が崩壊するまでは国権の最高機関であり、立法行政司法において最高意思決定機関の機能を有していた。

RCC評議員はイラク国民議会及びクルド自治区クルド立法評議会から選出され、またRCC議長及び副議長はRCCメンバー内の互選により決定されていた。

旧政権崩壊後、連合国暫定当局により解体された。

2003年4月9日までのメンバー[編集]