バスラ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バスラ県
座標: 北緯30度22分 東経47度22分 / 北緯30.367度 東経47.367度 / 30.367; 47.367
イラク
県都 バスラ
面積
 - 計 19,070km2 (7,363mi2)
人口
 - 計 2,565,893人
主要言語 アラビア語

バスラ県アラビア語: محافظة البصرة Muḥāfaẓat al-Baṣrah)はイラクで最も南東にある県。県都は県名と同じバスラ人口は約150万人。

地理[編集]

イラク国内で唯一、ペルシャ湾に面する県である。 東にイラン、南にクウェートと国境を接している。隣接する県は3つで、北にマイサーン県、北西にジーカール県、西にムサンナー県がある。

歴史[編集]

かつてオスマン帝国の統治下にあった時、この地域はバスラ州英語版Basra Vilayet)と呼ばれており、現在のクウェートに相当する地域も含まれていた。

この歴史を口実に、1990年サッダーム・フセイン元大統領が、ブルガン油田ルマイラ油田を擁するクウェートを併合した。しかし翌1991年多国籍軍が介入した湾岸戦争ではなす術を持たず、クウェートを手放して停戦した。