アカエリカイツブリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アカエリカイツブリ
アカエリカイツブリ
アカエリカイツブリ(夏羽) Podiceps grisegena
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: カイツブリ目 Podicipediformes
: カイツブリ科 Podicipedidae
: カンムリカイツブリ属 Podiceps
: アカエリカイツブリ P. grisegena
学名
Podiceps grisegena
(Boddaert, 1783)
和名
アカエリカイツブリ
英名
Red-necked grebe
分布図
     繁殖地      越冬地

アカエリカイツブリ(赤襟鳰、Podiceps grisegena)は、カイツブリ目カイツブリ科カンムリカイツブリ属に分類される鳥類

分布[編集]

ユーラシア大陸アメリカ合衆国カナダ日本

夏季にヨーロッパ、ロシア西部および東部、カナダ、アメリカ合衆国北部などで繁殖する。冬季は沿岸部に出て、多くは南下して越冬する。日本では冬季に冬鳥として九州以北に飛来するが、北海道では繁殖する。

形態[編集]

全長47cm (40-50cm[1][2])、翼開長80cm (77-85cm[1][2])、体重806-925g[2]。やや大型のカイツブリ類である[3]。頸は長くて、嘴はまっすぐでやや長い(嘴峰長4.5-5.9cm[4])。嘴の色彩は黄色で先端が黒い。雌雄同色。夏季には夏羽として頸部から胸が赤褐色の羽毛で覆われ、和名や英名(red-necked=赤い首をした)の由来になっている。頬は灰白色。額から後頭にかけて黒い羽毛で覆われ、頭頂の羽毛が冠羽としてやや伸長する。体上面は黒く、腹部は白い羽毛で覆われる。小雨覆や次列風切には白い斑紋が入る。冬季には冬羽となり頬は白く、額から後頭にかけて淡褐色で、頸部が淡灰色の羽毛で覆われる。

生態[編集]

夏季は内陸のなどに生息するが、冬季には河口内湾に生息する。

食性は動物食で、魚類カエル昆虫甲殻類などを食べる。潜水して獲物を捕食する。

繁殖期には縄張りを形成する。水辺近くの水生植物などに固定された水生植物の葉や茎を組み合わせた逆円錐状の巣を雌雄で作り、6-8月に1回に通常4個[4](3-6個)の卵を産む。雌雄交代で抱卵し、抱卵期間は約21日[4](20-30日)。卵は淡青色だが、次第に赤褐色に汚れる[4]。生後2年で性成熟する。

亜種[編集]

2亜種に分かれるとされる。[5]

  • Podiceps grisegena grisegena 基亜種 (Boddaert, 1783) - ユーラシア地方。
  • Podiceps grisegena holboellii 亜種アカエリカイツブリ (Reinhardt, 1854) - 北アメリカ、アジア北東部。

画像[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 桐原政志 『日本の鳥550 水辺の鳥 増補改訂版』、文一総合出版2009年、26頁。
  2. ^ a b c Brazil, Mark (2009). Birds of East Asia. Princeton University Press. p. p. 90. ISBN 978 0 691 13926 5. 
  3. ^ 三省堂編修所・吉井正 『三省堂 世界鳥名事典』、三省堂、2005年、12頁。ISBN 4-385-15378-7
  4. ^ a b c d 高野伸二 『カラー写真による 日本産鳥類図鑑』、東海大学出版会、1981年、188頁。
  5. ^ James F. Clements, The Clements Checklist of the Birds of the World, Sixth Edition, (2007) p. 8.

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]