おどるメイド イン ワリオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ワリオシリーズ > メイド イン ワリオシリーズ > おどるメイド イン ワリオ
おどるメイド イン ワリオ
WarioWare: Smooth Moves
ジャンル おどる瞬間アクション
対応機種 Wii
開発元 任天堂
インテリジェントシステムズ
発売元 任天堂
人数 1~12人
メディア Wii用12cm光ディスク
発売日 日本の旗 2006年12月2日
欧州連合の旗 2007年1月12日
アメリカ合衆国の旗 2007年1月15日
オーストラリアの旗 2007年1月25日
韓国の旗 2009年6月18日
対象年齢 CERO:A(全年齢対象)
ESRB: E10+(Everyone 10+)
PEGI: 7+
OFLC: G(General)
デバイス ヌンチャク対応
売上本数 日本の旗 約65万本(2010年7月
その他 Mii対応
テンプレートを表示

おどるメイド イン ワリオ』(WarioWare: Smooth Moves)は、任天堂インテリジェントシステムズ開発、任天堂発売のWii専用ゲームソフトである。

概要[編集]

任天堂発売のコンピュータゲーム『メイド イン ワリオ』シリーズの一つ。

基本的なルールはそれまでのシリーズと同じで4回失敗するまでにプチゲームをいくつできたかを競う。画面の指示に従い、Wiiリモコン(ゲーム内では作法棒と呼称)を色々な持ち方(同じくお作法)をすることで、次々と現れるプチゲームをクリアする。ただし、「二刀流」のみ、ヌンチャク(同じくにぎり石)を接続する必要がある。この場合は、左右それぞれの手に作法棒と握り石を別個に握り、お作法をこなすことになる。

一度最終ステージをクリアすると「みんなであそぶ」という『あつまれ!!メイド イン ワリオ』のような内容の多人数向けモードが追加される。

本作独自の特徴として、各キャラクターのステージが始まる前にプロローグ(2回目以降はスキップが可能)だけではなく、初回のみキャラの紹介ムービー(ないキャラもある)のような動画が流れる。

前作までと違い100点を超えにくくなった。また、レベル3のボスゲームをクリアした後は、スピードアップの表示がされなくなった。

お作法の一覧[編集]

項目先頭から、お作法の名称、構え方の説明、お作法の補足、代表的なプチゲーム名(「さほうでん」において各お作法を選択したときに表示される一覧の先頭にあるゲーム名)の順番。すべてゲーム内の設定に準ずる。また、ここでの表記は全て右利き設定のものである。

なお、Wiiリモコン単体用のゲームしか登場しないステージで拡張コントローラを接続する、また逆に必ずヌンチャクを接続しなくてはいけないステージで接続していない場合は、開始時に警告画面が出て外すまではじめることができない。

正面(英名:The Remote Control)
作法棒の先端を正面に向け離母魂(リモコン)を持つように真っ直ぐ構える。素朴さ故にスキの無い姿は全ての作法の基本。
単純が故に「お作法」の中では一番人気と言われている。
代表的なプチゲーム:かいちゅうでんとう
滝登り(英名:The Umbrella)
作法棒を縦に構え親指をそっと牡丹(ボタン)に乗せる。その姿は荒々しい滝を登る鯉のように美しく、見る物の心を奪う。
正面に次いで人気の「お作法」で、特に若い女性に人気があるといわれている。
代表的なプチゲーム:うちゅうせんそう
両握り(英名:The Handlebar)
作法棒を横に倒し両方を上からしっかり握る。逆さまに持つのは禁じ手。
安定感はバツグンであり、スピード感を要求するゲームが多く割り当てられている。
代表的なプチゲーム:たまのりトリオ
達筆(英名:The Sketch Artist)
作法棒の先端を正面に向け、鉛筆のように持つ。指先から作法棒に魂を送り込めるようになると、達人と呼ばれる。
細かい作業に適した「お作法」。
代表的なプチゲーム:カタヌキ
まわりゃんせ(英名:The Chauffeur)
作法棒を横に倒し、両手で包み込むように持つ。まーわりゃんせーまわりゃんせー同じ棒なら回さにゃソンソン。
回転運動に適した「お作法」であり、熱狂的な愛好者がいることでも知られている(=まわるメイド イン ワリオ)。
代表的なプチゲーム:おしずもう
下段の構え(英名:The Samurai)
作法棒を右手で握り、左腰のあたりに当てる。目を閉じ、ゆっくり息を整え、襲い来る敵を待つ。
武士の心意気が感じられる「お作法」であり、呼吸の仕方が正否に大きく影響すると言われている。
代表的なプチゲーム:いあいぎり
綱引き(英名:The Tug-of-War)
作法棒の先端を正面に向け、両手でしっかり握る。へその上あたりで構えるのが通。
古来より伝わる「お作法」であり、右手と左手の間隔を狭めるのが現在の流行とか。
代表的なプチゲーム:かんな
手乗り(英名:The Waiter)
作法棒の先端を正面に向け、ボタンを上にした状態で手のひらに載せる。手のひらは大海原を、作法棒は小舟を表し、その雄大な姿は、見る者を圧倒する。
作法棒をもっとも落としやすい「お作法」なので、注意が必要。
代表的なプチゲーム:バランスほうき
天狗(英名:The Elephant)
作法棒の先端を正面に向け、鼻の前に掲げる。長く伸びた鼻先からは、不思議な力が発せられているとかいないとか。
劇的に鼻が長くなるため、周りにアピールするのに最適。
代表的なプチゲーム:めからビーム
指相撲(英名:The Thumb Wrestler)
作法棒を縦に構え、親指で上部を押さえる。親指を離した時に放たれる力は馬三等分に匹敵する。
「滝登り」が進化して出来た比較的新しい「お作法」で、大して進化していないという声もあるが、それは気のせいである。
代表的なプチゲーム:しょうりのシャワー
置き(英名:The Discard)
安定した台の上に作法棒を裏返して置く。踊りが始まるまでは何人たりとも作法棒に触れてはならない。
「持たない持ち方」という特殊性があるため、長い間禁じられていた「お作法」である。なお、近くに平らな台があると非常に便利である。
代表的なプチゲーム:ジャンプがさ
大威張り(英名:The Big Cheese)
作法棒を腰に当て、後方に反り返る。自身に満ちた表情をするとより効果的。
偉そうな人が得意だが、謙虚な人が苦手とは限らない「お作法」。
代表的なプチゲーム:フラフープ
聖徳太子(英名:The Janitor)
作法棒を縦にして、両手でしっかり握る。右手は天を、左手は大地を表し、作法棒は天地を繋ぐ架け橋となる。
偉い人の名前にちなんだ由緒正しい「お作法」だが、実は「綱引き」を縦にしただけという話も。
代表的なプチゲーム:はきそうじ
鉄亜鈴(てつあれい)(英名:The Dumbbell)
作法棒を横に倒し、下から逆手で握る。軽いはずの作法棒から、歴史の重みが伝わってくると言われている。
古くから力自慢の者たちが得意とした「お作法」。
代表的なプチゲーム:ダンベル
ちょんまげ(英名:The Mohawk)
作法棒の先端を正面に向け、頭の上に載せる。この作法中に頭から作法棒を落とすことは、大変に無礼な行為とされている。
この作法で行うゲームは、基本的に体を動かす必要があるものばかり。運動不足の人には少々つらいかもしれない。
代表的なプチゲーム:スクワット
おつまみ(英名:The Finger Food)
作法棒の先端を正面に向け、背面からそっとつまむ。やさしくかつしっかりと、繊細な力加減が美しさを際だたせる。
指先の力を必要とし、また入っているゲームは比較的地味なものばかり、と言われている。
代表的なプチゲーム:カギあけ
岡っ引き(英名:The Boxer)
作法棒を横に倒し右手で上からしっかり握る事。みなぎる力を全て作法棒に注ぎ込む心意気が新しい時代を切り開く。
人間工学的にもっともくつろいだ形で握る「お作法」。
代表的なプチゲーム:シュレッダー
坊主(英名:The Mortar and Pestle)
作法棒を縦に構え、左の掌にそっと乗せる。自在に動く作法棒の姿からいつしか小坊主の名前がついた。
持ち手とは逆の左手に大きな意味を与えるミニゲームが多い、非常に珍しい「お作法」。
代表的なプチゲーム:アンテナ
二刀流(英名:The Diner)
作法棒とにぎり石(ヌンチャク)を繋ぎ、作法棒を右手で、握り石を左でしっかり握る。引っ張りすぎると危険なため、冷静且つ大胆な踊りを意識して行う必要がある。
この「お作法」のみ、ヌンチャクを接続することが必至である他、構え方の指定にA/B/Cの3パターンが存在するため、画面の指示には注意を要する。
代表的なプチゲーム:ほうたい

ステージのキャラクター[編集]

ワリオ
最初からプレイできる。
お作法は正面のみ。極めて初心者向けのステージ。
モナ
ワリオをクリアするとプレイできる。
新たに出てくるお作法は滝登り、両握り。
また、ここからどのお作法を使うかの表示が出てくるようになる。
カット & アナ
モナをクリアするとプレイできるようになる。
新たに出てくるお作法は達筆、まわりゃんせ、下段の構え。
また、ここからスピードアップが2回に増える(ヤングクリケットも同様)
ヤングクリケット & マスターマンティス
今作初登場キャラ。「ウィー拳」の使い手である師弟。
モナをクリアするとプレイできるようになる。
新たに出てくるお作法は綱引き、手乗り、天狗。
ジミーT.
カット、ヤングクリケットをクリアするとプレイできるようになる。
今回の彼のステージはミックスになっており、レベル2の状態でプレイする。
アシュリー & レッド
ジミーT.をクリアするとプレイできるようになる。
新たに出てくるお作法は指相撲、置き、大威張り。
ドリブル & スピッツ
ジミーT.をクリアするとプレイできるようになる。
新たに出てくるお作法は鉄亜鈴、ちょんまげ、聖徳太子。
このステージは歌詞付きのBGM(曲名「明日の昇る丘まで」)が使用されている。
ペニー
今作初登場キャラ。クライゴアの孫娘。
ジミーT.をクリアするとプレイできるようになる。
新たに出てくるお作法はおつまみ、岡っ引き、小坊主。
ナインボルト & エイティーンボルト
アシュリー、ドリブル、ペニーをクリアするとプレイできるようになる。
ニンテンドーゲームが満載で、ほとんどのお作法が混じっている。
ジミーP.
今作初登場キャラ。ジミーに似ている男。
ナインボルトをクリアするとプレイできるようになる。
ジミーT.と同じくミックスステージで、レベル2の状態でプレイする。
ちびワリオ
ジミーP.をクリアするとプレイできるようになる。
オールジャンルでナンデモアリ。更に全てのゲームにワリオ本人が何らかの形で登場する。
なお、プレイする前は????? と表示されている。
オービュロン
ちびワリオをクリアするとプレイできるようになる。
二刀流という秘密らしいお作法を使う。
Dr.クライゴア(マイク)
オービュロンをクリアするとプレイできるようになる。
自ら発明したダイエットマシーンでますます身体を若返らせている。
ステージの最初と最後(結果画面)に登録したMiiが登場する(顔のみ)。
このステージはやらなくてもゲームの進行には影響がないが、このステージをプレイしないと登場しないサブゲームがある。

備考[編集]

  • タイトル画面でWiiリモコンを縦持ちで左右に振ると、表示されている折鶴や棒人間などのイラストがパラパラマンガのように変化していく。また、ワリオのヒゲを引っ張ることができる。
  • それまでのシリーズと同様にプチゲーム図鑑(さほうでん)は存在するが、本作ではプチゲームごとのハイスコア記録や合格点の存在がなくなった。

外部リンク[編集]