いすゞ・ヒルマンミンクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
いすゞ・ヒルマンミンクス(初代)
1953 Isuzu Hillman-Minx 01.jpg
販売期間 1953年 - 1956年
乗車定員 4人
ボディタイプ 4ドア セダン
エンジン 1.3L 水冷直列4気筒 SV
変速機 4速MT
全長 4,000mm
全幅 1,575mm
全高 1,524mm
ホイールベース 2,362mm
車両重量 956kg
-自動車のスペック表-
いすゞ・ヒルマンミンクス(2代目)
フロント
Hilman minx.JPG
リア
Hillman.minx.arp.750pix.jpg
販売期間 1956年 - 1964年
乗車定員 6人
エンジン GH150 1.5L 水冷直列4気筒 OHV
最高出力 62PS/4,600rpm
変速機 4MT
駆動方式 FR
全長 4,140mm
全幅 1,543mm
全高 1,510mm
ホイールベース 2,438mm
車両重量 1,065kg
後継 いすゞ・ベレット
-自動車のスペック表-

ヒルマンミンクスはかつていすゞ自動車ルーツ自動車と提携しCKD(完全ノックダウン生産)で製造販売していた自動車であり、それまでトラック/バス専業メーカーだった同社の乗用車分野進出の先駆けとなった。

ラインナップにはセダンのスーパーデラックス、スタンダードの他に、2ドアのライトバンワゴン型)であるヒルマンエキスプレスがあった。

日本でポピュラーな1956年からのモデルは、レイモンド・ローウィによるスタイリングである。

歴史[編集]

初代 PH10型(1953年-1956年)[編集]

イギリスルーツ自動車と提携し、ヒルマン・ミンクスMkVIを製造した。

  • 1953年11月 - ヒルマン・ミンクスMkVIのCKD組み立て車を発売。
  • 1954年7月 - 初めてのマイナーチェンジを行なった。
  • 1955年7月 - マイナーチェンジを行ないエンジンをOHV1,400ccに変更。
  • 1956年2月 - マイナーチェンジ。

2代目 PH100型(1956年-1964年)[編集]

エンジンも改良が進み、低回転域のトルクを増し、扱いやすさが向上した。

  • 1956年9月 - ヒルマン・ミンクスMkVIIIのノックダウン生産開始、徐々に国産品の導入を進め、翌年には国産化が完了。
  • 1958年1月 - 一部変更を行う。パワーアップし、スーパーDX追加。
    • 3月 - Std(スタンダード)を追加。
    • 6月 - マイナーチェンジ。ヒルマン50周年記念車ジュビリーを追加。
  • 1959年10月 - マイナーチェンジで1,500ccへ排気量アップした。
  • 1960年10月 - ハイスタイルを追加。
  • 1961年10月 - マイナーチェンジ。
  • 1962年10月 - 一部変更。
  • 1963年4月 - パワーアップ。
  • 1964年6月 - 生産終了。

後継車[編集]

  • ヒルマンミンクスの製造で蓄積したノウハウを投入したいすゞ・ベレットが1963年に後継車として登場した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]