いすゞ・ユニキャブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
いすゞ・ユニキャブ
ISUZU unicab.JPG
販売期間 1967年 - 1974年
エンジン 1.3L 水冷 直列4気筒 OHV 58ps
全長 3655mm
全幅 1500mm
全高 1710mm
車両重量 985kg
-自動車のスペック表-

ユニキャブ(UNICAB)は、1967年昭和42年)から1974年昭和49年)にいすゞ自動車より発売された小型貨物自動車である。

概要[編集]

1966年昭和41年)の東京モーターショーに出品され、翌1967年7月13日から発売が開始された。車両本体価格は49万5千円であった。

ジープのムードを取り入れたユニークなFR車であり、前後サスペンションは同社の小型トラックワスプ、初期のKR80型のエンジンは同じくベレット用の1.3リッター、G130型の流用であった。その後、やはりべレット、フローリアンと共通の1.5、1.6リッターエンジンへと変更され、型式(かたしき)はそれぞれ、KR85型、KR86型となる。

当初の定員は4名で、KR85型から、前席が2名、後席に3名ずつの向かい合わせのシートを持つ、8人乗りが追加された。2名乗車の場合の最大積載量は400kgである。

当初は、フロントウィンドシールドを前に倒すことで、完全なオープンカーとなったが、その後の保安基準改正により、この方式は許可されなくなった。

一見ジープ風ではあるが、4WDではなく、レジャーユースや、若者向けの都会的でファッショナブルなマルチパーパスカー、というのがコンセプトであった。しかし、当時の日本国内市場には時期尚早で、見栄えの面からも消費者の共感を得ることは出来ず、その販売台数は非常に少ない。

いすゞにおいての本来の多目的4WD車は、1980年昭和55年)発表のファスターロデオと、翌年のビッグホーンの登場まで待たなければならなかった。

また、ユニキャブのコンセプトは、後年のミューに生かされている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]