yanokami (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
yanokami
yanokamiスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル エレクトロニカ
J-POP
時間
レーベル ヤマハミュージックコミュニケーションズ
プロデュース レイ・ハラカミ
チャート最高順位
yanokami 年表
yanokami
2007年
遠くは近い
2011年
テンプレートを表示

yanokami』(ヤノカミ)は、yanokami (矢野顕子レイ・ハラカミユニット)の1枚目のアルバム2007年8月8日発売。発売元はヤマハミュージックコミュニケーションズ(YMC)。本項では、同アルバムの英語版である『yanokamick -yanokami English version-』(2008年3月12日発売、YMC)についても述べる。

概要[編集]

2003年より共同作業を開始していた矢野顕子、レイ・ハラカミが、ユニット「yanokami」を正式に発足させた作品である。プロデュースはハラカミが行い、ハラカミの特徴である浮遊感のあるエレクトロニカ・サウンドに矢野のボーカル、ピアノが乗る。曲目は矢野の曲のセルフカバーが中心である。

収録曲[編集]

  1. 気球にのって (作詞・作曲:矢野顕子)
    • 矢野顕子の曲のセルフカバー。原曲は『JAPANESE GIRL』収録。
  2. David (作詞・作曲:矢野顕子)
    • 矢野顕子の曲のセルフカバー。原曲は『峠のわが家』収録。
  3. 終りの季節 (作詞・作曲:細野晴臣)
    • 細野晴臣の曲(『HOSONO HOUSE』収録)のカバー。
    • 過去に矢野は『オーエス オーエス』において、ハラカミも『lust』において、それぞれのソロ名義でカバーしている。
  4. おおきいあい (作詞:矢野顕子 作曲:窪田晴男、矢野顕子)
    • 矢野顕子の曲のセルフカバー。原曲は『GRANOLA』収録。
  5. Too Good to be True -yanokami version- (作詞・作曲:矢野顕子)
  6. You Showed Me英語版 (作詞・作曲:Harold Clark、Roger McGuinn)
    • The Byrdsの曲のカバー。
    • 矢野は『life behind TV』(THE HAMMONDS名義)においてもこの曲をカバーしている。
  7. La-La (Means I Love You)英語版 (作詞・作曲:Thomas R. Bell、William Hart)
  8. Night Train Home -yanokami version- (作詞:矢野顕子、岸田繁 作曲:矢野顕子)
    • オリジナルバージョンは矢野のアルバム『ホントのきもち』収録。
  9. Full Bloom (作曲:矢野顕子、レイ・ハラカミ)
    • 矢野のスキャットを含むインストゥルメンタル。
  10. 恋は桃色 (作詞・作曲:細野晴臣)
    • 細野晴臣の曲(『HOSONO HOUSE』収録)のカバー。
    • 矢野は『Piano Nightly』においてもこの曲をカバーしている。
    • 本アルバムと同一の録音が『細野晴臣トリビュートアルバム』(2007年、commmons)、及び『Happy Holidays! 〜CITY POPS COVERS〜』(2011年12月14日、avex infinity) にも収録。

yanokamick -yanokami English version-[編集]

『yanokami』の英語版として、新たに発売された。曲目は一部異なり、新たな曲も加えられている。歌詞の英訳はTom Otaによる。

  1. Montauk (作詞:矢野顕子、作曲:矢野顕子、レイ・ハラカミ)
    • 新曲。
  2. David -English version-
  3. Season of the End (日本語題:終りの季節)
  4. Big Love (日本語題:おおきいあい)
  5. Too Good to be True -English version-
  6. You Showed Me
  7. La La Means I Love You
  8. Night Train Home -yanokami version-
  9. Full Bloom
  10. ばらの花 -Live version- (作詞・作曲:岸田繁)
  11. Sayonara (日本語題:気球にのって)

外部リンク[編集]