VIM航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
VIM航空
IATA
NN
ICAO
MOV
コールサイン
MOV AIR
設立 2000年
ハブ空港 ドモジェドヴォ空港
子会社 アエロブラーツク
保有機材数 12
就航地 15
本拠地 ロシアモスクワ
代表者
  • Alexander Kochnev (General Director)
  • Rashid Maviyaievich Mursekaev (President)
  • Svetlana Anatolievna Mursekaeva (Owner)
外部リンク www.vim-avia.com
テンプレートを表示

VIM航空(VIMこうくう、英語: VIM Airlines)、法人名はVIMアヴィアロシア語: ВИМ-Авиа英語: VIM Avia)は、ロシアモスクワに本拠地を置く航空会社であり[1]モスクワ=ドモジェドヴォ空港を発着する国際定期便・チャーター便や旅客・貨物便を運航したり、ウェット・リースを行ったりする。

歴史[編集]

VIM航空はヴィクトル・イヴァノヴィチ・メルクーロフ (Viktor Ivanovich Merkulov) により設立され、2000年に運航を開始した。同社は2004年末にはチタアヴィアアエロブラーツクを、続いて2005年にはロシアン・スカイ航空を買収した。また2004年には、新しい株主がボーイング757-200を12機購入しチャーター市場に参入したため市場を揺るがした(初めてこの機種を使用したロシアの航空会社であった)[2]

2017年7月、モスクワで開催されたMAKSイルクート MS-21-300を15機リースする基本合意書に署名したと発表された。リース機にどのエンジンを搭載するかは選定中であった。2021年から2024年の間に納入される予定である[3][4]

2017年9月28日、社員による横領事件の一環として、CEOの Alexander Cochnev と会計主任の Yekaterina Panteleyeva が逮捕された[5]

ロシア連邦捜査委員会がVIM航空に対する刑事訴訟を起こした後、2017年9月末、VIM航空は空港使用料の滞納によりトルコとベルギーの空港で機材を差し押さえられ、一部路線の運航を休止せざるをえなくなった。拠点のドモジェドヴォ空港を発着する全便も運航が停止された。捜査は継続中である[6]。2017年9月中にすべてのチャーター便の運航を停止しており、同年10月15日にはすべての定期便の運航を停止するとみられる[7]

就航都市[編集]

VIM航空は以下の都市・空港へ向かう定期便を運航している(2014年6月時点)[8] 。その大半はモスクワ・ドモジェドヴォ空港からの直行便である。

中央アジア[編集]

キルギスの旗 キルギス
タジキスタンの旗 タジキスタン
 ウズベキスタン

西アジア[編集]

アルメニアの旗 アルメニア
アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン
イスラエルの旗 イスラエル
アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦

ヨーロッパ[編集]

ギリシャの旗 ギリシャ
イタリアの旗 イタリア
モルドバの旗 モルドバ
モンテネグロの旗 モンテネグロ
 ウクライナ
ロシアの旗 ロシア
スペインの旗 スペイン
スイスの旗 スイス
フランスの旗 フランス

保有機材[編集]

ザルツブルク空港に着陸進入するVIM航空のボーイング757-200(2007年撮影)

現役機材[編集]

2014年6月時点でVIM航空の機材はエアバスA319ボーイング757-200で構成されており、平均使用年数は17.7年である[14][15][16]

機種 保有数 発注数 計画 オプション 座席数 備考
C PY Y 合計
エアバスA319-100 4 0 0 0 150 150 Ansett Worldwide Aviation Services (AWAS) からリース[17]
ボーイング757-200 9 0 220 220 220 [18] 柔軟な座席配置
うち2機は保管
ボンバルディア CS300シリーズ 5[19] 10
TBA
Ilyushin Finance Co.からリース予定
Tu-204SM 5[19] 5
TBA
Ilyushin Finance Co.からリース予定
合計 13 10 0 15

VIM航空はボーイング717-200をリースすることも計画したが[20]、断念している[21]

退役した機材[編集]

出典: planespotters.net[22]

脚注[編集]

  1. ^ "Авиакомпания «ВИМ-АВИА»." (Map). VIM Airlines. Retrieved on 21 June 2010. "Центральный офис «ВИМ-АВИА» 109052, г. Москва, ул. Новохохловская, д.23 стр.1"
  2. ^ Air Transport World November 2006
  3. ^ Irkut MC-21 gets new orders at MAKS Air Show” (イギリス英語) (2017年7月18日). 2017年7月19日閲覧。
  4. ^ Russia's VIM Airlines to lease 15 MC-21s from IFC” (イギリス英語) (2017年7月19日). 2017年7月19日閲覧。
  5. ^ VIM Airlines CEO, chief accountant arrested in embezzlement case”. Russian Legal Information Agency (2017年9月28日). 2017年10月9日閲覧。
  6. ^ Russia's VIM Airlines has aircraft seized in Turkey, Belgium”. ch-aviation (2017年9月29日). 2017年9月30日閲覧。
  7. ^ VIM to End Scheduled Operations”. ch-aviation. 2017年10月6日閲覧。
  8. ^ VIM Airlines schedule page
  9. ^ http://airlineroute.net/2014/12/01/nn-kqt-dec14/
  10. ^ aviation.am - Flight schedule from Yerevan Zvartnots Airport
  11. ^ Алиева, Айнур (2013年9月9日). “Авиарейс Санкт-Петербург-Гябяля откроется на будущей неделе”. Azeri-Press Agency (APA) LLC. http://ru.apa.az/news/254971 2013年9月10日閲覧。 
  12. ^ “"ВИМ-Авиа" будет летать из Москвы в Анадырь”. Информационное агентство " ТурМаяк ". (2014年2月26日). http://turmayak.ru/news/8107-moscow-anadyr-vim-avia.html 2014年2月26日閲覧。 
  13. ^ a b L, J (2014年3月17日). “VIM Airlines Adds Moscow – Blagoveschensk / Komsomolsk Na Amure Service in S14”. Airline Route. http://airlineroute.net/2014/03/17/nn-bqskxk-s14/ 2014年3月17日閲覧。 
  14. ^ VIM-Avia fleet page
  15. ^ VIM-Avia seatmap
  16. ^ VIM Airlines fleet list at planespotters.net
  17. ^ http://www.ch-aviation.com/portal/news/27143-russias-vim-airlines-adds-first-airbus-metal-to-fleet
  18. ^ VIM Airlines official seating chart
  19. ^ a b “Russia's VIM to lease five CS300s, five Tu-204SM from the IFC”. ch-aviation. (2013年8月31日). http://www.ch-aviation.ch/portal/news/21361-russias-vim-to-lease-five-cs300s-five-tu-204sm-from-the-ifc 2013年8月31日閲覧。 
  20. ^ Aviaport digest - on VIM-Avia B717-200 future order
  21. ^ Aviaport interview with VIM Airlines CEO
  22. ^ VIM Airlines at planespotters.net

外部リンク[編集]

ウィキポータル 関連ポータルのリンク