バルナウル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バルナウル
Барнаул
バルナウル市
バルナウル市
バルナウルの市旗 バルナウルの市章
市旗 市章
座標 : 北緯53度21分 東経83度45分 / 北緯53.350度 東経83.750度 / 53.350; 83.750
行政
ロシアの旗 ロシア
 連邦管区 シベリア連邦管区
 行政区画 アルタイ地方の旗 アルタイ地方
 市 バルナウル
地理
面積  
  市域 321 km2
人口
人口 (2002年現在)
  市域 600749人
その他
等時帯 オムスク時間 (UTC+7)
郵便番号 656xxx
市外局番 +7 3852
公式ウェブサイト : http://www.barnaul.org/

バルナウル(Barnaul)(ロシア語: Барнау́л)はロシア連邦の都市。シベリア連邦管区の南西に位置する。アルタイ地方の行政の中心都市。人口は649,600人(2007年で、ロシアでは人口で22番目の都市である。ノヴォシビルスクの南220kmに位置する。

地勢[編集]

西シベリア平原オビ川に沿って拓けた町である。アルタイ山脈に最も近い大都市であり、カザフスタンモンゴル中国にも近い。

シベリアのステップ地帯の南限に位置することから、夏と冬の気温差が激しい。

バルナウルの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 5.3
(41.5)
7.4
(45.3)
16.4
(61.5)
32.3
(90.1)
37.4
(99.3)
36.6
(97.9)
37.9
(100.2)
38.3
(100.9)
34.0
(93.2)
27.4
(81.3)
15.3
(59.5)
6.3
(43.3)
38.3
(100.9)
平均最高気温 °C (°F) −10.8
(12.6)
−8.1
(17.4)
−0.6
(30.9)
10.1
(50.2)
20.1
(68.2)
24.3
(75.7)
26.3
(79.3)
24.3
(75.7)
17.7
(63.9)
9.2
(48.6)
−2.2
(28)
−8.5
(16.7)
8.5
(47.3)
日平均気温 °C (°F) −15.5
(4.1)
−13.7
(7.3)
−6.5
(20.3)
3.8
(38.8)
12.8
(55)
17.7
(63.9)
19.9
(67.8)
17.4
(63.3)
11.0
(51.8)
3.8
(38.8)
−6.3
(20.7)
−12.9
(8.8)
2.6
(36.7)
平均最低気温 °C (°F) −20.1
(−4.2)
−18.7
(−1.7)
−11.8
(10.8)
−1.2
(29.8)
6.5
(43.7)
11.6
(52.9)
14.0
(57.2)
11.6
(52.9)
5.6
(42.1)
−0.4
(31.3)
−10.0
(14)
−17.4
(0.7)
−2.5
(27.5)
最低気温記録 °C (°F) −48.2
(−54.8)
−42.9
(−45.2)
−35.5
(−31.9)
−27.6
(−17.7)
−8.8
(16.2)
−1.2
(29.8)
2.9
(37.2)
0.4
(32.7)
−7.8
(18)
−27.0
(−16.6)
−38.9
(−38)
−43.1
(−45.6)
−48.2
(−54.8)
降水量 mm (inch) 24
(0.94)
18
(0.71)
17
(0.67)
28
(1.1)
40
(1.57)
55
(2.17)
68
(2.68)
44
(1.73)
43
(1.69)
37
(1.46)
37
(1.46)
31
(1.22)
433
(17.05)
平均降雨日数 0.4 1 3 12 17 16 17 15 16 14 6 1 118
平均降雪日数 22 20 16 9 2 0.1 0 0 1 10 18 24 122
 % 湿度 78 76 74 63 55 64 70 70 69 73 79 79 71
平均月間日照時間 77 112 178 218 272 315 320 265 199 109 75 64 2,204
出典 1: pogoda.ru.net[1]
出典 2: NOAA (sun only, 1961-1990)[2]

歴史[編集]

鉱物資源が豊富なアルタイ山脈に近く、オビ川の水運も利用できることから、シベリアで最初に入植が進んだ町の1つである。 1730年代にこの地が産する銅に目をつけたロシアの大富豪・デミドフ家によって町が作られた。1747年には銀鉱山も発見される。デミドフ家の工場は、ほどなくロシア皇帝に接収され、ロシアの銀生産の拠点都市となる。19世紀初頭までにロシアが産する銀の90%はアルタイ地方からであった。バルナウルにはロシア最大の銀の精錬工場があり、生産量の増加とともに市の人口も増えていった。20世紀の初めまでにはバルナウルは、この地方の交易や文化の中心地に成長した。トルキスタン・シベリア鉄道が開通すると交通の拠点ともなった。

第二次世界大戦ではアルタイ地方の人々の多くが前線に出征し、数十万人が命を落とした。戦場からは遠く離れていたバルナウルの中心部にはロシア正教の教会や戦没者記念碑があるのはこのためである。戦地を逃れ多くの工場がこの地に疎開したために、第二次世界大戦を契機に市の工業は大きく発展した。現在でもロシア最大の兵器工場の1つがバルナウルにある。

今日のバルナウルは西シベリア最大の工業都市であり、約12万人の労働者が100を越える企業に従事している。ダイアモンドの研磨業も市の新しい産業で、ロシアで唯一、バルナウルだけで行われている。

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Weather And Climate - Climate Barnaul” (Russian). 2015年5月14日閲覧。
  2. ^ Climate Normals for Barnaul”. National Oceanic and Atmospheric Administration. 2013年1月23日閲覧。

外部リンク[編集]