ティヴァト空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ティヴァト空港
Tivat Airport
Tivat Airport.jpg
IATA: TIV - ICAO: LYTV
概要
国・地域 モンテネグロの旗 モンテネグロ
所在地 ティヴァト
運営者 モンテネグロ航空
標高 20 m (6 ft)
座標 北緯42度24分17秒 東経18度43分24秒 / 北緯42.40472度 東経18.72333度 / 42.40472; 18.72333座標: 北緯42度24分17秒 東経18度43分24秒 / 北緯42.40472度 東経18.72333度 / 42.40472; 18.72333
公式サイト 公式ウェブサイト
滑走路
方向 ILS 長さ×幅 (m) 表面
14/32 YES 2,500×45 舗装
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

ティヴァト空港モンテネグロ語:Аеродром Тиват)とは、モンテネグロアドリア海沿岸のティヴァトに所在する国際空港。ティヴァトの中心部より4km程離れた地点に所在する。モンテネグロには定期の国内線の航空便が存在しない[1]ため、国内運用はチャーター便若しくはゼネラル・アビエーションに限定されている。

行先は主にヨーロッパの主要都市であり、夏季には多くのチャーター便が世界各地に飛んでいる。

概要[編集]

ティヴァト空港は1971年に2,500mの滑走路を1本有す飛行場として建設され、現在はモンテネグロ国内に二つある定期便就航空港の一つである。もう一つは首都ポドゴリツァポドゴリツァ空港であり、どちらもモンテネグロ空港社によって管理されている。

旅客ターミナルはいずれも平屋建てで小規模だが2棟あり、2006年に建設された第1ターミナル(チェックインカウンター12ヶ所)の他、2018年に増加する需要に対応するための応急処置として建設された第2ターミナル(出発専用・チェックインカウンター6ヶ所)がある。[2]

ティヴァト空港はアドリア海に近く、モンテネグロ国内でアドリア海で接する地方では北部に所在する。空港周囲には山があったり、滑走路より100m程先にはコトル湾があったりと立地上非常に危険な場所にあるにも関わらず、幸いにも事故は開港以来発生していない。また、地形上離着陸が危険な為、昼間の時間帯のみの運用になっている。そして、この空港は操縦士にとっても最も離着陸が難しく危険な空港の一つとして認知されている。

また、空港から7km離れた地点にはコトル、20km離れた地点にはブドヴァもあり、観光にも便利な空港である。

2007年には韓国国際協力団により装備が援助され、空港は近代化された。また、この年の旅客数は573,914人となっている。その結果、2009年6月には昨年度より利用客が4%増加した。また、空港内で公衆無線LAN等も利用できるようになっている。

就航路線[編集]

航空会社就航地
モルドバ航空キシナウキシナウ国際空港(季節便)
Jat航空ベオグラードベオグラード・ニコラ・テスラ空港
モンテネグロ航空ベオグラード、コペンハーゲンコペンハーゲン国際空港)、ロンドンロンドン・ガトウィック空港)、モスクワドモジェドヴォ空港)、パリシャルル・ド・ゴール国際空港)、プリシュティナプリシュティナ国際空港)、ローマフィウミチーノ空港)、スコピエスコピエ空港)、サンクトペテルブルクプルコヴォ空港
モスコヴィア航空モスクワ(ドモジェドヴォ空港、季節便)
ロシア航空サンクトペテルブルク(プルコヴォ空港、季節便)
S7航空モスクワ(ドモジェドヴォ空港、季節便)
TUIエアウェイズロンドン(ロンドン・ガトウィック空港、季節便、5月5日~)
トランスアエロ航空サンクトペテルブルク(プルコヴォ空港、季節便)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Planet, Lonely. “Getting Around in Montenegro” (英語). Lonely Planet. 2019年12月9日閲覧。
  2. ^ link, Get. “Tivat Airport opens new terminal”. 2019年12月9日閲覧。

外部リンク[編集]