ティヴァト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ティヴァト
Flag of Montenegro.svg
Cetinje
Тиват
Tivat2.jpg
海側からのティヴァトの眺め
Tivat-Grb.gif
位置
の位置図
座標 : 北緯42度26分 東経18度42分 / 北緯42.43度 東経18.70度 / 42.43; 18.70
行政
モンテネグロの旗 モンテネグロ
  ティヴァト
市長 ミオドラグ・カンカラシュDPS
地理
面積  
   46km2
人口
人口 (2003年現在)
   13,630人
    人口密度   296人/km2
  市街地 9,467人
その他
等時帯 CETUTC+1
夏時間 CESTUTC+2
公式ウェブサイト : [1]

ティヴァトセルビア語:Тиват)とは、モンテネグロコトル湾沿岸に位置する都市。

歴史[編集]

ティヴァトの名の起源は紀元前3世紀にまで遡る。その起源は、この地に居住したイリュリア人の部族の女王・テウタに由来すると考えられるが、このほかにキリスト教の聖人・聖テオドロスに由来するとするものや、ケルト語で町を意味するToutoに由来するとする説もある。公式に名前が出てくるのは14世紀15世紀になってからの話である。かつててはセルビア正教会聖天使首ミハイル教会が市の中心部に位置していた。

ボカ地域に属するモンテネグロ最小の町、ティヴァトはヴルマツ山の麓の広大な高原に作られた都市である。コトルにある14世紀の古文書によれば、この都市はテウタの名前から名付けられたとされている。また、かつてこの地はネマニッチ家バルシッチ家ツルノイェヴィッチ家ヴェネツィア共和国フランスオーストリア=ハンガリー帝国等に支配された。

中世、この地やプルチャニドブロタはコトルの貴族にとっては最も肥沃な土地とされた。そして、この地には大量の財産があり、城等も存在していた。この地で最も裕福だったのはブチャ家であり、美術館が現在でも所在する。

また、この地は1420年より1797年に至るまでヴェネツィア共和国によって支配されたアルバニア・ヴェネタの一部であった。

転機が訪れたのは19世紀後半の1889年であり、当時この地を治めていたオーストリア=ハンガリー帝国がこの地に海軍の軍需工場を建設した時である。その後陸軍基地も出来、ユーゴスラビア社会主義連邦共和国によって陸軍軍事基地として用いられ、現在でもモンテネグロ陸軍によって使用されている。海軍基地の方はロシアリビア等によって装備の点検等の為に利用されたが、その後、所有者はカナダ人のピーター・ムンクに代わり、彼がこの地を「アドリア海モナコ」として再生させようとして、マリーナ「ポルト・モンテネグロ」を建設したため、現在では軍事基地とはなっておらず、港として使用されている。

地理[編集]

この地はヴルマツ山麓、ボカ地域の中心にある。市内のグルバリ渓谷にはティヴァト空港が所在し、ヘルツェグ・ノヴィ自治体に属するルシュティツァ半島地峡もこの地に近い。

住民[編集]

1991年:11,404人

2004年:13,991人

  • セルビア人:4,911人(35.1%)
  • モンテネグロ人:4,126人(26.49%)
  • クロアチア人:2,761人(19.73%)
  • ムスリム人:165人(1.18%)
  • アルバニア人:144人(1.03%)
  • その他:470人(3.36%)
  • 民族非公開:1,122(8.02%)
  • 不明:216人(1.54%)

旅行[編集]

セルビア人旅行者にとって、この地はアドリア海航海旅行において経由地であり、人気も高い。また、マリーナやヨットクラブ等もこの地に存在する。ピーター・ムンクはこの地に造船所を作り、豪華客船の停泊所にした(モンテネグロ港)。また、ティヴァト空港にはゴルフ場が隣接している。それ以外にもこの地にはスヴェティ・マルコ島Sveti Marko Island)等の観光地も存在している。また、船旅において休憩所ともなっている。

交通[編集]

この地にはアドリア海沿岸道路が通っており、ブドヴァストモレ等へと行く事が出来る。その他にも、モンテネグロ港からの船やティヴァト空港からの飛行機等の交通機関が存在する。

姉妹都市[編集]