TAKAO KISUGI ACOUSTIC TRACKS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
来生たかお関連作品 > TAKAO KISUGI ACOUSTIC TRACKS
TAKAO KISUGI ACOUSTIC TRACKS
来生たかおライブ・ビデオ
リリース
録音 1993年7月24日
ジャンル ニューミュージック
時間
レーベル キティレコード
来生たかお 年表
来生たかお CONCERT TOUR 〜永遠の瞬間〜
(1991年)
TAKAO KISUGI ACOUSTIC TRACKS
(1993年)
TAKAO KISUGI LIVE 浅い夢から
(1995年)
テンプレートを表示

TAKAO KISUGI ACOUSTIC TRACKS』(たかお きすぎ アコースティック トラックス)は、1993年にリリースされた来生たかおの映像作品(VHS規格品番:KTVV-1026〉/LD〈規格品番:KTLV-1026〉)である。

概要[編集]

1993年7月23日及び24日に開催されたアコースティックコンサート『Acoustic Tracks』(東京都・東急Bunkamuraオーチャードホール)の、後者の模様が収録されており、パッケージタイトルには“in Bunkamura Orchard Hall”と添えられている。

演奏は、バックバンド“スタートル”にストリングスカルテットヴァイオリンヴィオラチェロ)等が加わった編成で、来生自身はピアノアコースティックギターを担当している。また、パッケージ及び歌詞カードには演奏楽器としてアコーディオン(演奏:松田真人)がクレジットされているが、本作品の収録曲には使用されていない(未収録曲において使用されたと思われる)。

WOWOWでは、当日披露された全ての楽曲[1]及びカットされたトークも含めて放送された。

復刻盤[編集]

2005年7月27日:5枚組DVD-BOX『Best of Concert Films 1983〜1995』(ユニバーサルミュージック/規格品番:UMBK-9120/4)で、初めてDVD化された(規格品番:UMBK-9120)。

パッケージの体裁[編集]

アルバムタイトル[編集]

帯は“来生たかおアコースティックトラックス In Bunkamura Orchad Hall”となっている。

帯のコピー[編集]

LD:来生たかおアコースティックライブ初の映像化。

収録曲[編集]

VHS版・LD版・DVD版
  1. もうすぐ、たそがれ
    • 作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお / 編曲:松田真人
    • スタンドマイクで歌っている。
    • 楽曲の詳細はオリジナル・アルバム『AT RANDOM』を参照。
  2. シルエット・ロマンス
    • 作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお / 編曲:SHINYA HAMADA
    • スタンドマイクで歌っている。
    • 楽曲の詳細は企画アルバム『Visitor』を参照。
  3. セカンド・ラブ
    • 作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお / 編曲:松田真人
    • スツールに腰掛け、ハンドマイクで歌っている。
    • 楽曲の詳細は企画アルバム『Visitor』を参照。
  4. 二人の場所(イメージミックス)
    • 作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお / 編曲:来生たかお
    • ピアノの弾き語りで、イメージ映像がミックスされている。
    • 楽曲の詳細はオリジナル・アルバム『Passage』を参照。
  5. おだやかな構図
    • 作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお / 編曲:松田真人
    • ハンドマイクで歌っている。
    • 楽曲の詳細はオリジナル・アルバム『夢の途中』を参照。
  6. 浅い夢
    • 作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお / 編曲:SHINYA HAMADA
    • ピアノを担当して歌っている。
    • 楽曲の詳細はオリジナル・アルバム『浅い夢』を参照。
  7. いとしいあした
    • 作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお / 編曲:SHINYA HAMADA
    • ピアノを担当して歌っている。
    • 楽曲の詳細は企画アルバム『LABYRINTH II』を参照。
  8. 夢の途中
    • 作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお / 編曲:松田真人
    • アコースティックギターを担当し、スタンディングで歌っている。
    • 楽曲の詳細はオリジナル・アルバム『夢の途中』を参照。
  9. Goodbye Day
    • 作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお / 編曲:SHINYA HAMADA
    • ピアノを担当して歌っている。
    • 楽曲の詳細は企画アルバム『来生たかお』、オリジナル・アルバム『Sparkle』を参照。
  10. これから始まる物語
    • 作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお / 編曲:SHINYA HAMADA
    • ピアノを担当して歌っている。
    • アンコール曲。楽曲の詳細はオリジナル・アルバム『ROMANTIC CINEMATIC』を参照。
  11. 静けさのメニュー
    • 作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお / 編曲:松田真人
    • アンコール曲で、衣装チェンジの上、ハンドマイクで歌っている。
    • 楽曲の詳細はオリジナル・アルバム『Étranger』を参照。

参加ミュージシャン[編集]

  • Piano:松田真人(1 - 3,11)、来生たかお(4,6,7,9,10)
  • Organ:松田真人(5,7 - 9,10)
  • Acoustic Guitar:土屋潔(1,2,5,7,8,10)、嘉多山信(1,2,5,7,8,10)、来生たかお(8)
  • Wood Bass:多田文信(1,2,5,7 - 9,10)
  • Saxophone:渕野繁雄(5,7 - 9)
  • Flute:渕野繁雄(1,2,10)
  • Percussion:菅原裕紀(1,2,5,7 - 9,10)
  • 1st. Violin(Strings Quartet):Kaoru Niwata(1 - 3,5 - 11)
  • 2bd. Violin(Strings Quartet):Mami Kobayashi(1 - 3,5 - 11)
  • Viola(Strings Quartet):Aiko Hosokawa(1 - 3,5 - 11)
  • Violoncello(Strings Quartet):Nakako Nakazawa(1 - 3,5 - 11)

参加スタッフ[編集]

CONCERT STAFF
VIDEO STAFF
  • Tecnical Director:Mikio Yoda
  • Camera:Akira Igarashi、Yuji Fujimoto、Kojiro Kawazoe、Kazuichi Nakahara、Fumio Sekiguchi、Masaaki Ogasawara、Koji Inoshita、Takahiko Kano、Yutaka Funaki、Kenichi Ogata
  • Video Engineer:Tadashi Satou、Yoshito Odagiri、Ienori Ohtomo
  • Vtr Operator:Yoshino Ohta、Kyouko Atohira
  • Technical Coordinator:Masahiko Ozawa
  • Video Editor:Kunihiko Okazaki
  • Ma Mixer:Kuniaki Tanabe
  • Asst. Director:Gakumei Imoto、Mikako Imai
  • Co-Producer:Hisamichi Fujimura
  • Producer:Takeshi Matsusima
  • Exective Producer:多賀英典
RECORDING STAFF
  • Producer:本間一泰
  • Director:加瀬丈裕
  • Record & Remix:清水高志
  • Special Thanks To:高橋宏幸
  • Recording Engineer:Takami Yuasa、Takeshi Sasaki、Shinryo Kobayashi、Miya Furuya
  • Rec. Mobile Driver:Takeshi Harigaye
  • Recording Coodinator:Kiyokazu Wakiyama
PROMOTION STAFF
  • Superviser:軽部重信
  • Artist Promoter:Masanobu Suezaki
COVER VISUAL STAFF
  • Visual Coodinator:Sayuri Noguchi、Yasuhiro Kawabe
  • Art Direction & Design:Kiyoshi Takehara
  • Photographer:Takahiko Yamamura
SPECIAL THANKS TO
  • BASIC inc.、TOKYO ONKYO、NII-ICHI-GO、SOUND MAN、SUNPLANT、Bunkamura、WEST LAKE STUDIO、KYORITZ、BAY SIDE STUDIO、CRAZY-TV、MELSAT inc.、WOWOW、STUDIO KEY STONE、MIX inc.

脚注[編集]

  1. ^ 『TAKAO KISUGI ACOUSTIC TRACKS』(1993年9月23日)セットリスト:もうすぐ、たそがれ/夢の加速/シルエット・ロマンス/セカンド・ラブ/あしたの風/二人の場所/おだやかな構図/浅い夢/涼しい影/いとしいあした/はぐれそうな天使/夢の途中/Goodbye Day/これから始まる物語/静けさのメニュー