ONLY YESTERDAY

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ONLY YESTERDAY
来生たかおスタジオ・アルバム
リリース
録音 日付表記なし
(KRSレコーディングスタジオ、キティスタジオ、伊豆スタジオ〈リミックス〉)
ジャンル ニューミュージック
時間
レーベル キティレコード
プロデュース 多賀英典
チャート最高順位
  • LP:20位(オリコン
  • CT:20位(オリコン)
  • CD:18位(オリコン)
来生たかお 年表
ROMANTIC CINEMATIC
(1984年)
Only Yesterday -つい昨日のこと-
(1985年)
I Will...
(1986年)
『ONLY YESTERDAY』収録のシングル
テンプレートを表示

ONLY YESTERDAY』(オンリー イエスタデー)は、1985年にリリースされた来生たかおの11枚目のオリジナルアルバム(LP規格品番:28MS-0087〉/CT〈規格品番:28CS-0087〉/CD〈規格品番:H33K-20015〉)である。

概要[編集]

※原則的に、来生たかおは“来生”に省略、来生えつこは“来生えつこ”と表記。

矢倉銀(来生の編曲時のペンネーム)が手掛けた楽曲は、バックバンドである“スタートル”が演奏を担当しており、そのレコーディングに充分な時間を確保するため、この年のコンサートツアー『Concert Tour '85 Only Yesterday』は、例年より遅く9月からスタートした[1]

CDには「もう少し遠く」「夢みる頃を過ぎても」の2曲がプラスされ、全体の曲順も入れ替えられている。

復刻盤[編集]

パッケージの体裁[編集]

アルバムタイトル[編集]

※初出のジャケット表記“ONLY YESTERDAY”以外のもの

裏ジャケット(バックインレイ)
  • LP:“ONLY YESTERDAY -つい昨日のこと-”
  • オリジナル版CD・1991年版CD・1995年版CD・2007年版CD:“OnlyYesterday -つい昨日のこと-”
ケースの側面部
  • CT:“オンリィ・イエテタディ -つい昨日のこと-”
  • オリジナル版CD:?
  • 1991年版CD:“ONLY YESTERDAY”“オンリー・イエテタデイ -つい昨日のこと-”の併用
  • 1995年版CD・2007年版CD:“Only Yesterday ”
  • LP・オリジナル版CD:“ONLY YESTERDAY -つい昨日のこと-”
  • 1991年版CD:“オンリー・イエテタディ”
  • 1995年版CD:“Only Yesterday”

“-つい昨日のこと-”というフレーズは歌詞カードでも用いられている。

なお、各種ディスコグラフィーによっても表記は片仮名やアルファベットになっている。

ディスクジャケット[編集]

  • オリジナル版CD:ジュエルケースに2つ折りのカード(及び、歌詞カード)を挿入
  • 1991年版CD:ジュエルケースに2つ折りのカード(及び、オリジナル版CDのものを基調とした歌詞カード)を挿入
  • 1995年版CD:ジュエルケースに2つ折りのカード(及び、オリジナル版CDのものを基調とした歌詞カード・既出オリジナルアルバムのディスコグラフィー)を挿入
  • 2007年版CD:ジュエルケースに2つ折りのカード(及び、オリジナル版CDのものを基調とした歌詞カード)を挿入(及び厚紙製ケース付き)

帯のコピー[編集]

  • LP:くりかえし、くりかえし…。
  • オリジナル版CD:くりかえし、くりかえし…。LP未収録曲2曲を含む全12曲のCD特別編集。(帯はシール仕様)
  • 1991年版CD:記載なし。
  • 1995年版CD:ノスタルジックな気持ちを五線譜に託して…。「夢見る頃を過ぎても」、「もう少し遠く」を加えての、CDedition。(“20th anniversary”の記載あり)
    1995年版CDの帯には「夢る頃を過ぎても」とあるが、オリジナルタイトル表記は「夢る頃を過ぎても」である。

収録曲[編集]

CD版
  1. Times Go By(6:22)
  2. Far Away(4:22)
    • 作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお / 編曲:矢倉銀
  3. P.S.メモリー(3:42)
    • 作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお / 編曲:武部聡志
  4. Only Yesterday Dream(4:30)
    • 作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお / 編曲:武部聡志
  5. About You(4:20)
  6. もう少し遠く(4:14)
  7. Wonder Night(4:23)
    • 作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお / 編曲:八木正生
    • 来生は“自作曲の中で最も甘いラブソングは”との問いの回答として挙げており[3]トニー・ベネットに歌って欲しいと語ったこともある[2]
  8. はぐれそうな天使(4:05)
    • 作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお / 編曲:武部聡志
    • 18thオリジナル・シングル(1985年9月10日リリース)で、岡村孝子によるカヴァー・ヴァージョン(1986年3月20日リリース)と共に、ニュー・スモール「トゥデイ」HONDAtodayCFイメージソングとして使用された。
    • 来生えつこによる同名小説が短編集『エピソード』(角川書店 / 1988年)に収められている。
    • 後年カバーした歌手は多く出ているが、最初にカバーしたのは金月真美で、「藤崎詩織」名義として1997年11月6日にリリースしたアルバム『Memories』に収録されている。
  9. 暗闇にあやふや(3:30)
    • 作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお / 編曲:矢倉銀
  10. 緑の正午(まひる)(4:24)
    • 作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお / 編曲:矢倉銀
  11. 風の忘れもの(4:02)
    • 作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお / 編曲:武部聡志
    • 十朱幸代西川きよし主演のTBS系ドラマ『日立スペシャル あの人は風でした 植村直己とその妻』(1985年6月22日・29日)の主題歌として使用された。
  12. 夢みる頃を過ぎても(6:36)
    • 作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお / 編曲:武部聡志
    • 18thオリジナル・シングル「はぐれそうな天使」のB面にも収録されている。
    • 本曲の後には、アルバムの冒頭を飾ったギターのインストゥルメンタルが幾分異なる編曲で再び登場する。
    • 郷ひろみがアルバム『LUNA LLENA』(1993年5月21日リリース)でカヴァーしている。
LP・CT版

※各曲の収録時間はLPに記載がないため省略(上記CD版を参照)

SIDE 1[編集]

  1. Time Go By
    • 作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお / 編曲:矢倉銀
  2. Far Away
    • 作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお / 編曲:矢倉銀
  3. About You
    • 作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお / 編曲:八木正生
  4. Only Yesterday Dream
    • 作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお / 編曲:武部聡志
  5. 風の忘れもの
    • 作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお / 編曲:武部聡志

SIDE 2[編集]

  1. 暗闇にあやふや
    • 作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお / 編曲:矢倉銀
  2. はぐれそうな天使
    • 作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお / 編曲:武部聡志
  3. P.S.メモリー
    • 作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお / 編曲:武部聡志
  4. 緑の正午(まひる)
    • 作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお / 編曲:矢倉銀
  5. Wonder Night
    • 作詞:来生えつこ / 作曲:来生たかお / 編曲:八木正生

参加ミュージシャン[編集]

記載なし

参加スタッフ[編集]

  • Producer:多賀英典
  • Director:本間一泰
  • Sound Producer and Engineer:清水高志 (MIX)
  • Second Engineer:脇田貞二 for MIX
  • Assistant Engineer:MIX ALL Staffs
  • Design, Photography and Illustration:田島照久
  • Artist Relation:Kaoru Nakano、柴田幹夫
  • Thanks To Mutsumu Nakajima for Half Tone Music、Mieko Shinohara、松田真人、宮崎真哉中野薫

脚注[編集]

  1. ^ a b ファンクラブ「TAKAO CLUB」のダイジェスト会報『DECADE』(1985年)
  2. ^ a b ファンクラブ「TAKAO CLUB」の会報『égalité』vol.16
  3. ^ 『égalité』vol.55