SYSTEM II

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

SYSTEM II(システムツー)は、1988年ナムコが開発したアーケードゲーム基板

概要[編集]

画像出力はハードウェアでビットマップ画像の拡大・縮小・回転機能を有し、これらの機能を効果的に利用したゲームが多く開発されている。基板はメインボード上にビデオボード(サブボード)や、必要によりオブジェクトボードを重ねて接続する構成となっている。ゲームROMはメインボード、ビデオボードそれぞれのROMソケットに実装する。交換にはマイナスドライバーでも行えるが、安全に行うためにはROM抜き用の工具が必要であるため、基板の取り扱いになれたオペレータが交換作業を行う必要があった。

なお、柔軟な拡張性や知名度がある割に、他社の同時期のシステム基板と比較して作品数が少ないのは、1990年代初頭にこの基板の製造を請け負っていた企業が倒産したために、新作ゲームの開発プラットフォームを他のシステム基板に移したためである。そのため、故障の種類によっては、軽度であってもメーカー修理が不可能な場合があるので、取扱には注意が必要。ナムコが次に開発したシステム基板はSYSTEM21

ハードウェア[編集]

メインボード[編集]

メインプログラム、音源制御、画像合成、各種入出力機能を有する。初期型と二代目があり、通信制御CPUが日立製(C65)から三菱製(C68)に変更されたほか、多少の改良が行われている。

メインボードにはメインプログラム (MPR0〜1)、サブプログラム (SPR0〜1)、文字キャラクターROM (CHR0〜7)、データROM (DATA0〜3)、サウンドROM (SND0〜1)、PCMデータROM (VOICE0〜2)、SHAPE(不明)が実装されている。

  • 初期型
    • 基板型番 :8618963200
    • シルク型番:8618961200
  • 二代目
    • 基板型番 :8618963905
    • シルク型番:8618961805
  • CPU
PCM音源 C140
FM音源 YM2151
  • サウンド
    • サウンド制御:68B09
    • FM音源YM2151(OPM)
    • FM音源用D/Aコンバータ:YM3012(ステレオ出力)
    • PCM音源:C140(カスタムチップ 24ch)
    • PCM音源用D/Aコンバータ:LC7880またはLC7881
  • 入出力
    • JAMMA準拠ジョイスティック、ボタン入力端子類
    • アナログ入力:8ch(=8軸)
  • 通信機能
    • 通信制御用:HD63B05Z(C65)(初期型)、またはC68(二代目)

VIDEOボード[編集]

VIDEOボードは画像効果の機能を担当する。ゲームにより標準タイプのものと専用タイプのものがある。下記は標準タイプである。

ビデオボードには背景等の拡大・縮小・回転用データROM (ROZ0〜7)、スプライトキャラクターなどのオブジェクトROM (OBJ0〜7) が実装される。

  • 基板型番 :8618963300(半田面)
  • シルク型番:8618961200

V56 VIDEOボード[編集]

V56 VIDEOボードはラスタースクロール機能を提供するカスタムチップ「C107」を搭載しており、同機能を必要とするファイナルラップシリーズなどに使用されている。拡大・回転・縮小機能は持たない。このボードにはスプライトキャラクターのオブジェクトROMとして4Mビットが4つ実装できるようにICソケットが設けられているが、ファイナルラップではこのICソケットは使用されておらず、後述のオブジェクトボード上に実装されている。なおカスタムチップ「C107」はサンダーセプターでハイパーウェイを表示するために2つ使用されており、この流用といえる。

  • 構成
    • 基板型番 :2272961200
    • シルク型番:2272963100
    • 64KビットOTPROM,70ns(LH5762-70)×1
    • 64KビットSRAM,100ns(TMM2063P-10)×2
    • 16KビットSRAM,25ns(TMM2018AP-25)×4
    • 16KビットSRAM,45ns(TMM2018AP-45)×2
    • 256KビットDRAM(4ビット(ニブル)構成),120ns(HM50464P-12)×4
    • カスタムチップ C45
    • カスタムチップ C106
    • カスタムチップ C107
    • カスタムチップ C134
    • カスタムチップ C135
    • カスタムチップ C137
    • カスタムチップ C146
    • PAL FL1-1
    • PAL FL1-2
    • PAL FL1-3

オブジェクトボード[編集]

ゲームの内容により、ビデオボードに実装しきれず、大容量のROMチップを使用することがコスト面で不利な場合、別基板でオブジェクトROMを実装する際に用いられる。スプライトキャラクターのオブジェクトROM(OBJ0〜3)を実装可能。

  • 基板型番 :2294963201(『ファイナルラップ3』の例)
  • シルク型番:2294961301(『ファイナルラップ3』の例)

タイトル一覧[編集]

 以下は、SYSTEM IIをベースとしたカスタム基板を使用した作品である。

その他[編集]

音源チップのC140は、システムIIの開発時にENSONIQ(エンソニック)からナムコへ音源の売り込みがあり、これを見たハードの開発陣が、これだったら自分たちでも作れると自社でサンプリング音源を製作した。C140が24チャンネル発声なのも、ENSONIQからの売り込みの音源が24チャンネルだったため[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ OBS(おにたま放送局)「FM音源ドライバーズサミット2」細江慎治のコメントより。