SPARQL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

SPARQL("スパークル"と発音[1])はRDFクエリ言語の一種である。その名称は再帰的頭字語になっており、SPARQL Protocol and RDF Query Languageの略。RDFクエリ言語とは、Resource Description Framework で記述されたデータを検索/操作するコンピュータ言語である。

SPARQL はクエリパターンとして、論理積論理和、その他のパターンを指定可能である[2]

複数のプログラミング言語向け実装が存在する[3]

ティム・バーナーズ=リーは2006年5月のインタビューで「SPARQL によって大きな違いが生まれるだろう」と述べている[4]

[編集]

次のSPARQLクエリは、アフリカ諸国の首都のリストを返す。

PREFIX abc: <http://mynamespace.com/exampleOntologie#>
SELECT ?capital ?country
WHERE {
  ?x abc:cityname ?capital.
  ?y abc:countryname ?country.
  ?x abc:isCapitalOf ?y.
  ?y abc:isInContinent abc:africa.
}

変数は頭に "?" を付けることで表される("$" でもよい)。?capital と ?country がクエリ結果として返される(SELECTの部分)。SPARQL のクエリプロセッサはその全てについて4つの RDF トリプルのパターンにマッチするものを選ぶ(WHEREの部分)。URI を毎回フルに記述すると読みにくくなるので、"abc" というプレフィックスが "http://mynamespace.com/exampleOntologie#" を表すようになっている(PREFIXの部分)。

標準化[編集]

SPARQL は World Wide Web Consortium (W3C) の RDF Data Access Working Group (DAWG) によって標準化された。 W3C勧告に至る過程は以下の通りである

  1. 2006年4月 勧告候補
  2. 2006年10月 2つの問題により草案に戻される[5]
  3. 2007年6月 SPARQL 1.0 再び勧告候補[6]
  4. 2008年1月15日 SPARQL 1.0 W3C勧告[7]
  5. 2013年3月21日 SPARQL 1.1 W3C勧告[8]

脚注[編集]

  1. ^ Jim Rapoza (2006年5月2日). “SPARQL Will Make the Web Shine”. eWeek. 2007年1月17日閲覧。
  2. ^ XML and Web Services In The News”. xml.org (2006年10月6日). 2007年1月17日閲覧。
  3. ^ SparqlImplementations – ESW Wiki”. Esw.w3.org. 2009年10月1日閲覧。
  4. ^ Reuters (2006年5月22日). “Berners-Lee looks for Web's big leap”. zdnet.co.uk. http://news.zdnet.co.uk/internet/0,1000000097,39270671,00.htm 2007年1月17日閲覧。 
  5. ^ Eric Prud'hommeaux, W3C; Andy Seaborne, Hewlett-Packard Laboratories (2006年10月4日). “SPARQL Query Language for RDF : W3C Working Draft”. 2007年1月17日閲覧。
  6. ^ http://www.w3.org/blog/SW/2007/06/15/sparql_is_a_candidate_recommendation
  7. ^ W3C Semantic Web Activity News - SPARQL is a Recommendation
  8. ^ Eleven SPARQL 1.1 Specifications are W3C Recommendations”. w3.org (2013年3月21日). 2013年4月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

書籍[編集]

  • 加藤 文彦、川島 秀一、岡別府 陽子、山本 泰智、片山 俊明 (著) 『オープンデータ時代の標準Web API SPARQL』 インプレスR&D、2015年11月13日、オンデマンド (ペーパーバック)。ISBN 978-4802090438

仕様、記事、チュートリアル[編集]

ツールサポート[編集]

SPARQLクエリサービス・エンドポイント[編集]

SPARQLデモ[編集]