OWL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

OWLインターネット上に存在するオントロジーを用いてデータ交換を行うためのデータ記述言語。OWLはRDFの語彙拡張であり、DAML+OILに由来している。OWLRDFなどの他の構成要素とともにセマンティック・ウェブのツール群として位置づけられる。

現在、OWLはOWL LiteOWL DLOWL Fullの3つの記法がある。この3つはそれぞれ特徴があり、OWL Lite、OWL DL、OWL Fullの順で平易になっている。

OWL DLは記述論理\mathcal{SHOIN} (D)に基づいている。その部分集合であるOWL Liteはより表現力の小さい論理\mathcal{SHIF} (D)に基づいている。

名前の由来[編集]

OWL の名前は「ウェブオントロジー言語」を意味する英語「Web ontology language」に由来する。「Web ontology language」の頭文字を語順どおりに綴った「WOL」という語ではなく「OWL」が名前となったのは、OWLが誕生した時点で「WOL」という語はデータ工学の分野の言語の名前として既に使われていたためである。「WOL」の代わりに「OWL」が名前として採用されたのは、童話「クマのプーさん」に登場するフクロウ[1] Owl が自分の名前を「WOL」と書くことにちなんだためである。


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ フクロウは知識の象徴

関連項目[編集]

外部リンク[編集]