Extensible Stylesheet Language

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Extensible Stylesheet LanguageXSL; 拡張可能なスタイルシート言語)は、XML文書から、組版などの変換を行うためのシステムで、複数の仕様から構成されている。

XSLを構成する仕様は次の3つである。元々は「Extensible Stylesheet Language」という名前の通り、スタイルシートに基づき組版処理などを行う目的で策定が始まったものだが、XSLTはXMLの変換用として汎用になるよう、XPathはXMLの木の要素の指定用として汎用になるよう、設計された。

XSL Transformations
XSL Transformations (XSLT) は、XML文書を構造の異なるXML文書などに変換するための変換言語である。それ自身もXMLで記述する。
XML Path Language
XML Path Language (XPath) は、XML文書の特定の部分(要素、属性、テキストなど)を指定する表現法である。XPathは、XSLTで処理対象のXML文書の特定部分を指定するために使われている。XPath自体は簡潔な構文であり、それ自身はXMLではない。
XSL Formatting Objects
XSL Formatting Objects (XSL-FO) は、文書の組版(人間に理解しやすい形式)を記述する記述言語である。それ自身もXMLで記述する。

この3つの仕様は、標準化団体 W3C (World Wide Web Consortium) で開発され勧告として公表されている。

歴史[編集]

XSLの歴史は、既存の SGML 向けのスタイルシートである DSSSL の機能、特に印刷と植字の機能を、XMLに適用できるようにする開発作業から始まった。

  • 1997年12月から、W3CのXSL作業部会の活動が始まった。XSL作業部会では、シャロン・アドラーとスティーブ・ジルズが共同議長を、ジェームズ・クラークがエディタを、それぞれ務めた。ジェームズ・クラークは、XSLの非公式な主席設計者でもあった。また、クリス・リリーがW3Cスタッフの連絡役を務めた。
  • 1998年8月18日に、作業部会はXSL仕様の最初の作業ドラフトを公表した。
  • 1999年11月16日に、XSLT 1.0 と XPath 1.0 がW3Cから勧告として公表された。
  • 2001年10月15日に、XSL 1.0(XSL-FOを含む)がW3Cから勧告として公表された。
  • 2007年1月23日に、XSLT 2.0 と XPath 2.0 がW3Cから勧告として公表された。

XSLを構成する仕様[編集]

XML文書をXSLT/XPathで変換してXSL-FO文書を生成し、XSL-FO処理系によって人間に理解しやすい形式に変換する

XSL Transformations[編集]

XSL Transformations (XSLT) は、XML文書を構造の異なるXML文書などに変換する変換言語である。XMLの他、プレインテキストとして出力(ないし、そのように意図して設計すれば、何らかのXMLでない形式言語に従った形にも)できる。

XSL全体での位置づけとしては、任意のXSLからXSL-FOへの変換に使う。

現在、XSLT処理系の実装は、数多く開発されており、利用することができる。主な実装を次に示す。

XPath[編集]

XML Path Language (XPath) は、XML文書の特定の部分(要素、属性、テキストなど)を指定する表現法である。 XPath自体は簡潔な構文であり、XMLベースではない。 XPathは、XSLTで処理対象のXML文書の特定部分を指定するために使われている他、XSLT以外でも処理対象のXML文書の特定部分を指定するために使われている。

XPathをさらに拡張したような仕様を持つものとしてXQueryがある。XQueryは、処理対象のXML文書の特定部分を検索する。

XSL Formatting Objects[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]