Document Style Semantics and Specification Language

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Document Style Semantics and Specification Language (DSSSL; 文書スタイル意味指定言語) は、マークアップ言語 SGML もしくは XML で記述された文書のための、スタイルシート言語の一つである。 DSSSL は「ディッセル」と読む。 DSSSL は、SchemeLISPの方言の一つ)というプログラミング言語をもとに開発された。 DSSSL の開発には、ジェームズ・クラークなどの人々が関わった。 1996年に ISO/IEC 10179:1996 として規格が定められた(対応する日本工業規格は JIS X 4153)。

DSSSL を使うことにより、SGML文書やXML文書を、TeXPDFHTMLRTF などの、人間にとって読みやすいさまざまな形式に変換して、コンピュータの画面に表示することや紙に印刷することができる。 SGML文書やXML文書の内容は、コンピュータソフトウェアにとっては読みやすい構造であるが、人間にとってより読みやすい形式が望まれることがある。 DSSSL のようなスタイルシート言語を使うことにより、SGML文書やXML文書を、人間にとって読みやすい組版された形式に変換することができる。

DSSSL がよく使われる用途の一つは、DocBook(文書を記述するための SGML/XML技術)で記述された文書の組版である。

DSSSL は、当初は SGML文書のためのスタイルシート言語として開発されたが、XML文書のスタイルシート言語としても、使うことができる。

現在では、DSSSL とは別のスタイルシート言語である XSL (XSLTXSL-FO) や CSS が使われる事例が多くなっている。

XSL (XSLT、XSL-FO) は、DSSSL の技術をもとに開発された。

DSSSL処理系の機能[編集]

DSSSL の処理系には次の 2つの機能がある。

  1. SGML もしくは XML の文書を、構造の異なる別の SGML/XML文書に変換する機能
  2. SGML/XML文書を人間に読みやすいように組版して、コンピュータの画面に表示したり紙に印刷することができるようにする機能

例えば、SGML/XML文書を、DSSSL処理系を使って、TeXPDFHTMLRTF などの形式のファイルに変換することができる (変換先として指定できるファイルの種類は、DSSSL処理系によって異なる)。

また組版機能を使わずに、SGML/XML文書を構造の異なる別の SGML/XML文書に変換するために、DSSSL処理系を使うことができる。

DSSSL処理系の実装[編集]

DSSSL処理系には、商用のものとフリーのものとがある。 フリーの処理系としては、ジェームズ・クラークが中心となって開発した Jade、およびそれから派生した OpenJade がある。

外部リンク[編集]