Sバーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドイツ国内のSバーンのロゴ
オーストリアで一般的なSバーンのロゴ
ザルツブルクSバーンのロゴ

Sバーン(エスバーン、S-Bahn)はドイツ語圏において、各国の国有鉄道、国営鉄道、またはこれに準ずる公的機関などが運行している都市内・都市近郊鉄道のことであり、地上鉄道の形態を指す[1]

都市高速鉄道英語ラピッド・トランジット(→ドイツ語: Schnellbahn)のうち地下鉄以外の都市鉄道に相当する。元々はベルリンの東西を走行する高架軌道シュタットバーン Stadtbahn"Stadt"英語"city"にあたる)を走行する列車のことを指した[要出典][2]

またドイツ語においてはドイツ語圏以外にある同種の鉄道をS-Bahnと呼ぶことがある。近年ドイツスイスでは中小規模の都市において、第三セクター鉄道等が近郊列車をSバーンと称して運行する例も見られる。なお、Sバーンは必ずしも電車だけで運転されるものではなく、都市や路線によっては、気動車客車が使用される場合もある。


ドイツ[編集]

Karte S-Bahnnetze in Deutschland.svg
ドレスデンSバーンの2階建て客車と143形機関車

ドイツ鉄道(DB)の関連会社によって運営されているものと、第3セクターなどで運営される通勤近郊列車にSバーンの名を冠したものに大別される。

ドイツ鉄道の関連会社運営[編集]

ドイツ鉄道の地域輸送会社・子会社などで運営されるSバーンには、以下がある。ベルリンとハンブルクはDBの子会社、その他はDBの地域輸送会社による運営となっている。

名称 主要都市 開業年 路線数 総延長
ベルリンSバーン ベルリン 1924年 15系統 331 km
ドレスデンSバーン ドレスデン 1973年 3系統 101 km
ハンブルクSバーン ハンブルク 1934年 6系統 144 km
ハノーファーSバーン ハノーファーミンデンハーメルン 2000年 5系統 385 km
中部ドイツSバーン ライプツィヒハレ 1974年 7系統 455 km
マクデブルクSバーン[3] マクデブルク 1974年 1系統 130 km
ミュンヘンSバーン ミュンヘン 1972年 8系統 442 km
ニュルンベルクSバーン ニュルンベルクバンベルクアンスバッハ 1987年 4系統 224 km
ライン=マインSバーン フランクフルトヴィースバーデンマインツダルムシュタット 1978年 9系統 303 km
ラインネッカーSバーン マンハイムハイデルベルクルートヴィヒスハーフェンカイザースラウテルン 2003年 6系統 370 km
ライン=ルールSバーン デュッセルドルフエッセンドルトムント 1967年 11系統 676 km
ケルンSバーン ケルンボン 1975年 6系統 239 km
ロストックSバーン ロストック 1974年 3系統 91 km
シュトゥットガルトSバーン シュトゥットガルトベーブリンゲン、エスリンゲン、ルートヴィヒスブルク、レムス=ムル郡 1978年 6系統 189 km

成立時期により分類した場合、大きく分けて以下の種類がある。

  1. 第二次大戦前に第三軌条方式による電化で整備されたもの。ベルリンとハンブルクが該当。
  2. 1970年代に西ドイツで整備されたもの。ミュンヘン、ライン=マイン、シュトゥットガルト、ライン=ルールが該当。
  3. 1970年前後に東ドイツで整備されたもの。ドレスデン、ライプツィヒ・ハレ、マクデブルク、ロストックが該当。
  4. 1980年代に西ドイツで整備されたもの。ニュルンベルクが該当。
  5. 東西再統一後の2000年代に整備されたもの。ラインネッカーとハノーファーが該当。

第二次大戦前に電車運転を開始したドイツ最初のSバーンであるベルリンと2番目のハンブルクでは、第三軌条方式直流電化で独立した線路を持ち、車両も両都市圏で専用の電車が使われる。

第二次大戦後に整備されたSバーンは、電化方式もドイツ鉄道標準の交流15000V 16.7Hzの架空電車線方式が採用され、以降の各地のSバーンで採用されている(一部路線は非電化)。一般鉄道と共通の電化方式で最初に開業したライン=ルール都市圏は、隣接するケルン都市圏と一体化したドイツ最大のSバーン路線網を有する。

1970年代に整備されたミュンヘン、ライン=マインのフランクフルト、シュトゥットガルトでは、頭端式の中央駅から地下線で都心部を横断して放射状に路線が広がる点が共通している。車両は電車が主体で開業時に420形、1990年代末からは423形が導入されている。2000年代整備されたハノーファーでは主に424形が、ラインネッカーでは425形が使われる。

西ドイツのライン=ルールとニュルンベルク、東ドイツの各地で1960年代に整備されたSバーンでは、制御客車と機関車によるプッシュプル運転が採用された。2000年代以降は電車への置き換えが進み、マグデブルクでは425形、ニュルンベルク、中部ドイツとロストックでは442形「タレント2」が運用される。

Sバーンは各都市の運輸連合に加盟しており、各運輸連合に所属する交通機関(Sバーン、地下鉄、バスなど)の間で運賃体系が共通化されている。

第3セクター運営[編集]

第3セクター会社によって運行される列車がSバーンと称される例としては、以下がある。

名称 主要都市 運営者 開業年 路線数 総延長
ブライスガウSバーン フライブルク ブライスガウSバーン社 1997年 2系統 50 km
オルターナウSバーン オッフェンブルクケールストラスブール 南西ドイツ交通会社(SWEG) 1998年 4系統 170 km
ブレーメンSバーン ブレーメンオルデンブルクフェルデンローテンブルク ノルトヴェストバーン 2010年 4系統 270 km

ブライスガウとオルターナウはSバーンを名乗るものの、実際の運行形態としてはレギオナルバーン(RB)の系統である。このうちプライスガウでは2020年までに路線をSバーンとして整備するBreisgau-S-Bahn 2020計画が進行している。

車両はブライスガウとオルターナウでシュタッドラー社製のレギオシャトルRS1気動車を使用する。ニーダーザクセンではコラディア・コンチネンタル電車が使用される。

オーストリア[編集]

ウィーンのSバーン OeBB 4020形電車
ハンデルスカイ駅
チューリッヒのSバーン

スイス[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 地下鉄 U(ウー)バーン (U-Bahn) に対する語である。
  2. ^ 現在のドイツで、「シュタットバーン(de:Stadtbahn)」(→ライトレール)は、Sバーンとは別種の鉄道を指す。
  3. ^ 2014年の路線延伸を機にマクデブルクSバーン(S-Bahn Magdeburg)からミッテルエルベSバーン(S-Bahn Mittelelbe)へ改称。