ドイツ鉄道425形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ドイツ鉄道425形電車
425形電車(ノイヴィート郡ウンケル付近)
425形電車(ノイヴィート郡ウンケル付近)
基本情報
製造所 アドトランツボンバルディアシーメンス、DWA
製造初年 1999年
主要諸元
編成 4両編成236本
電気方式 交流15kV 16.7Hz
最高速度 160 km/h
(保安装置非対応の場合は140 km/h)
編成長 67.5 m (連接式・2扉低床式)
編成出力 2,350 kW
テンプレートを表示

ドイツ鉄道425形電車DBAG Baureihe 425)は、ドイツ鉄道が運用するSバーンおよび地域輸送向けの交流電車である。1999年から2008年にかけて4両編成236本が製造され、主にドイツ西部の都市近郊や電化区間の広い範囲でSバーン・普通(RB)・快速(RE)として運用されている。

編成は423形、424形と同じく連接構造の4両編成で、派生系列として連接2両編成の426形も製造されている。本稿では派生系列の426形も併せて解説する。

概要[編集]

基本的には424形を踏襲するが、地域輸送を重視して立席定員が削減されており、最高速度も160km/hに引き上げられている。ただし、160km/h運転には保安装置の対応が必要で、未対応時の最高速度は140km/hとなる。

両端の先頭車は425形、中間の2両は435形を名乗る。車両番号は第1編成の場合で見ると、1両目から、425 001 - 435 001 - 435 501 - 425 501となる。3両目と4両目には500が加算される。また編成番号は、001-156、201-240、250-269、301-320のように、飛び飛びになっている。

426形[編集]

ドイツ鉄道426形電車
426形電車(プロッヒンゲン駅)
426形電車(プロッヒンゲン駅)
基本情報
製造所 アドトランツボンバルディアシーメンス、DWA
製造初年 1999年
主要諸元
編成 2両編成43本
電気方式 交流15kV 16.7Hz
最高速度 160 km/h
(保安装置非対応の場合は140 km/h)
編成長 36.5 m (連接式・2扉低床式)
編成出力 1,175kW
テンプレートを表示

ドイツ鉄道426形電車DBAG Baureihe 426)は、1999年から製造されている系列で、425形の2両編成版である。全部で43編成が製造され、主にドイツ西部の電化区間で、輸送量の少ない線区を中心に運用されている。

編成長は36.5m、3台の台車の中央1台は付随台車、両端の2台は電動台車で、編成としての出力は1,175kWとなる。

車両番号は第1編成の場合で見ると、1両目から、426 001 - 426 501となる。2両目には500が加算される。1等室は片側の運転台後ろにのみ設置されている。