Oh!透明人間

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Oh!透明人間
ジャンル お色気漫画
漫画:Oh!透明人間
作者 中西やすひろ
出版社 講談社
掲載誌 月刊少年マガジン
レーベル 講談社コミックス
発表号 1982年4月号 - 1987年4月号
巻数 全11巻
漫画:Oh!透明人間21
作者 中西やすひろ
出版社 集英社
掲載誌 スーパージャンプ
オースーパージャンプ
レーベル ジャンプ・コミックス デラックス
発表号 SJ:2002年3号 - 2004年12号
OhSJ:2004年7月号 - 2006年8月号
巻数 全8巻
その他 1巻に読切『Oh!透明人間2001』収録。
漫画:新Oh!透明人間
作者 中西やすひろ
出版社 連載:日本ジャーナル出版
単行本:少年画報社
掲載誌 週刊実話
レーベル YCベスト
発表号 不明 - 不明
巻数 廉価版コミックス 上下巻
テンプレート - ノート

Oh!透明人間』(オー!とうめいにんげん)は、中西やすひろによる日本漫画作品。

概要[編集]

月刊少年マガジン』(講談社)にて、1982年4月号から1987年4月号にかけて連載された。いわゆるお色気コメディ漫画で、毎回女性キャラクターのヌードシーンがふんだんに登場するのが特徴。単行本は全11巻。

本作品の終了から10年後を描いた続編「Oh!透明人間2001」が、『スーパージャンプ』(集英社)2001年2号と『オースーパージャンプ』(同)2001年8月号に読切掲載された。これに続く連載作品『Oh!透明人間21』は、『スーパージャンプ』にて2002年3号から2004年12号まで掲載され、『オースーパージャンプ』に移籍して2004年7月号から2006年8月号まで連載された。単行本はジャンプコミックスデラックスより全8巻(読み切り版「2001」は単行本第1巻に収録)。

後に週刊実話日本ジャーナル出版)にて『新Oh!透明人間』を連載。2014年には少年画報社より廉価版コミックス上下巻が刊行された。

2010年10月による同名の実写版(オリジナルビデオ)作品『Oh!透明人間』が制作され、ミニシアター単館で2日間イベント上映された。その連動企画として、2010年12月頃よりコンビニコミックが刊行され、少年画報社からは『Oh!透明人間』、集英社からは『Oh!透明人間21』がそれぞれ発売された。

2014年6月には実写版第2弾となる『Oh!透明人間 インビジブルガール登場!?』が制作され、1週間イベント上映された(連動企画としては上述のコンビニコミックが発売)。

あらすじ[編集]

荒方透瑠はごく普通の高校1年生。だが、彼の下宿先の萩谷家は自分以外は全員女性というまるで天国のような場所であった。ある日、夕食に出された苦手なイクラを口にすると、体が透明になっていることに気づいてビックリ!

こうして、透明人間になる能力を得た透瑠はあらゆる場所に忍び込み、従姉妹の良江をはじめとする様々な人たちをエッチな珍騒動に巻き込んでいく。

登場人物[編集]

荒方透瑠(あらかた とおる)
本作の主人公。16歳で高校1年生。天涯孤独の身で親類の萩谷家に居候している。外出しがちな愛子たちの父親を除けば、ひとつ屋根の下に住む唯一の男である。従姉妹で幼馴染の良江に想いを寄せている。
夕食に出された嫌いなイクラを食べたことで透明人間になれる力を手に入れる。浴室や更衣室、知人の部屋などに忍び込み、“男の願望である[1]”女性の覗き行為に奔る。しかし透明が解けたり、犯罪者の企みを目撃するなど、ほぼ毎回何らかのハプニングかトラブルに遭遇する。体のみ透明になるため、着衣は全て脱がなければならない。性的に興奮しすぎると姿は元に戻ってしまう。
最終話はボディサイズを測る目的で良江の部屋に忍び込むが、透明が解けて全裸で姿を現し、あるハプニングを経て2人の初夜を窺わせる展開へと進み、恋仲となり大団円となった。
『 - 21』は連載終了から8年ほど経過した世界で、イクラの効力は消失したものの百貨店で敏腕バイヤーになり、部下の女性社員から信頼を寄せられて充実した日々を過ごしていた。萩谷家の居候は続けており、冷蔵庫の隅の瓶にあった古いイクラを食べると、久々に透明人間になれるようになった。かつてと同じく覗き行為に耽るが、次第に透明人間になれることがバレたり、好かれている女性から欲情されてエッチに励むなど濃厚な展開が繰り広げられる。かなりの浮気性で、ハーレムもののレベルが高まっている。
後の『新‐』では良江と結婚し、長女の亜夢(あむ)を設ける。商店街で「おむすび トオル」を経営している。
荒方良江(あらかた よしえ)
萩谷(はぎや)家(旧姓・萩谷)の次女。透瑠の従姉妹で幼馴染。後に透瑠と結婚。「新‐」では中学校英語教師をしている
萩谷愛子(はぎや あいこ)
萩谷家の長女で、透留の義姉。「新‐」ではデザイナーをしている。
萩谷ルミ(はぎや るみ)
萩谷家の三女で、透留の義妹。「新‐」では看護師として働いている。

実写版第1作[編集]

Oh!透明人間
監督 右田昌万
脚本 右田昌万
製作総指揮 樋上幸久
出演者 標永久
村上友梨
川奈ゆう
鈴木米香
星光子
主題歌 まついえつこ『Oh!透明人間』
撮影 高橋義仁
配給 インターフィルム
公開 日本の旗 2010年10月16日
上映時間 61分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
次作 Oh!透明人間 インビジブルガール登場!?
テンプレートを表示

2010年に原作と同じタイトルでオリジナルビデオとして制作された。キャッチコピーは「伝説のカリスマコミックが奇跡の映画化」。

実写版第1作キャスト[編集]

実写版第1作スタッフ[編集]

主題歌[編集]

原作との相違点[編集]

  • 時代設定が制作時の現代(2010年)となっている。
  • 透瑠の一人称が「僕」から「オレ」に変更されている。
  • 萩谷家が透瑠を含めた5人家族となっており、良江の母親がいない。家事は主に長女の愛子が担当している。
  • 良江が原作と比較してやや男勝りで活発的な性格になっている。

実写版第2作[編集]

Oh!透明人間 インビジブルガール登場!?
監督 右田昌万
脚本 右田昌万
製作 樋上幸久
出演者 飯尾和樹
岸明日香
小谷嘉一
中西やすひろ(特別出演)
主題歌 サンジュナ「透明な軌跡」
撮影 高橋義仁
配給 インターフィルム
公開 日本の旗 2014年6月14日
上映時間 61分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 Oh!透明人間
テンプレートを表示

2014年に『Oh!透明人間 インビジブルガール登場!?』のタイトルで製作され、同年6月14日から20日にかけてシネマ・ロサにてイベント上映が行われた。

透留は興信所勤めの傍らお笑いコンビを結成する中年の妻子持ちサラリーマンとなり、女子大生の実娘・美智留もイクラを食べると透明人間になるという遺伝を持つといった、原作から離れたオリジナル設定となっている。

実写版第2作キャスト[編集]

実写版第2作スタッフ[編集]

  • 監督:右田昌万
  • 製作:樋上幸久
  • 企画:長谷川哲也、大野正拓
  • プロデューサー:井戸剛
  • 原作:中西やすひろ
  • 脚本:右田昌万
  • 撮影:荒木憲司
  • 編集:荒木憲司
  • 音楽:吉本匡孝
  • 照明:下村芳樹
  • 録音:杉田信
  • 助監督:中村和愛

主題歌[編集]

  • 『透明な奇跡』
    • 歌:サンジュナ

脚注[編集]

  1. ^ 実写版イベント上映会の舞台挨拶に登壇した原作者の発言より。[要検証 ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]